画像切り抜きが苦手でも「remove bg」なら余裕? 使い勝手を検証してみた

 

YouTubeのサムネイルや、ブログのアイキャッチ画像などを作る際、元画像の背景を消して使いたいときありますよね。

 

たとえば、以下のようなYouTube風サムネを作りたいとします。

 

YouTube風のサムネイル

 

この場合、背景画像(キーボードとマウス)を下地に、右の女性画像を合成させることになるので、女性の元画像の背景を消して使う必要があります。

 

↓こちら元素材です↓

椅子に座りパソコンを使用するOL

 

画像の切り抜きが苦手な人

切り抜き苦手なんだよね。Photoshopも持ってないし……。

 

というあなたにオススメなのが、remove bgというオンラインサービスです。

 

 

remove bgはリリース当初、画像対象が人物限定でした。

そのため実質的にポートレート専用だったのですが、2019年7月のアップデート以降、細部が複雑な画像にも対応できるようになり、使い勝手が格段に良くなりました。

使い方ですが「説明いらんだろ」ってくらいカンタン。トップページにアクセスし、右枠内に画像ファイルをドロップするだけです。

  

 

AIが自動で削除対象を判断。5秒ほど背景部分が消された状態で表示されます。

 

↓ダウンロードした画像がこちら↓

椅子に座りパソコンを使用するOL

 

椅子の足部分が少し粗いですが、切り抜き精度はなかなか高いですね。

ダウンロードした画像は透過PNGで保存されます。

だるい会員登録やログインする必要がなく、無料で使用できます。

>> remove bg を使ってみる

 

背景が複雑でもちゃんと消せるのか?

 

動物、物撮り、イラストの3点で検証してみました。

 

公園内を散歩する犬

▼ ▼ ▼

公園内を散歩する犬

 

背景だけがキレイに消去できてますね。

 

スターバックスのアイスラテ

▼ ▼ ▼

スターバックスのアイスラテ

 

高精度ですが、フタのところが残っちゃいましたね。惜しい!

 

花をバックに路上撮影中の中国人女性モデル

▼ ▼ ▼

花をバックに路上撮影中の中国人女性モデル

 

髪色と花の色が近似値なこともあり、粗さが目立ちました。

調整は必要ですが、まあ許容範囲といったところでしょうか。

 

トヨタ社の4WD

▼ ▼ ▼

トヨタ社の4WD

 

影の部分も消したい場合は調整が必要ですが、実用レベルですね。

 

夏休みをエンジョイする小学生の男の子と女の子のイラスト画像

▼ ▼ ▼

夏休みをエンジョイする小学生の男の子と女の子のイラスト画像

 

イラスト素材でもこの通り。

 

風になびくロングの金髪女性の後ろ姿

 ▼ ▼ ▼

風になびくロングの金髪女性の後ろ姿

 

対象と背景の境界線が曖昧なもの、対象が複数ある場合、さすがに荒さが目立ちました。

>> remove bg を使ってみる

 

編集機能が多彩で、スマホやPhotoshopにも対応してる

 

 

remove bgは、スマートフォンやタブレットでも使えて、Photoshopの拡張機能「Remove.bg for Adobe Photoshop」もあります。

背景色を足したり、撮影した画像と合成させたりと編集機能も多彩です。

たとえば、スマホで自撮りした写真を、、、

 

浴衣美少女の自撮り

  

remove bg」の編集機能で、背景を消去してから白の背景色を足して、、、

 

浴衣美少女の自撮り

 

履歴書カメラ」などの証明写真作成アプリに取り込んで印刷すれば、印刷代だけで証明写真を作ることもできますよ。

 

浴衣美少女の証明写真

 

履歴書やエントリーシート、マイナンバーカードの申請などで証明写真が必要なときに使える、ちょっとした節約テクニックですね。

>> remove bg を使ってみる

 

注意点と、無料/有料プランの違いについて

 

 

remove bg」は無料で使えるサービスですが、無料プランの場合、使用機能や条件に一部制限があるので注意です。

たとえば、

保存できる画像のサイズが小さい

✔ 切り抜き枚数などに制限がある

✔ 商用利用はできない

とかです。

 

有料プランには「従量制(買い切り)」と「サブスクリプションプラン(月額制)」の2種があります。

公式サイトによると「従量制」は10クレジットで990円。「サブスクリプション」だと同じ990円でも40クレジットを獲得できるので、30クレジットぶんお得ですね。

使い残したクレジットは5回まで繰り越せるので、個人的にはサブスクリプションがオススメ。商用利用はどちらのプランでも可能です。

>> remove bg の使い勝手を無料で確かめてから、有料を検討する

 

【評価】フォトショがない、切り抜きが苦手な人にはオススメ

 

対象と背景の境界線が曖昧なもの、対象が複数ある場合、実用レベルで切り抜くのはちょっと厳しそうですが、シンプルな画像ならおおよそ問題ないかと思いました。

Photoshopを持ってない人、切り抜きが苦手な人には「神ツール」と言えるかもしれません。

 

  

 

【おまけ】初心者向けのPhotoshopを学べるおすすめ無料サイト

 

 

結局のところ、切り抜きが難しい画像に出くわした場合、自力でやらないといけません。

画像の背景削除や合成は、比較的発生しやすいタスクだと思いますし、最低限の加工スキルは習得しておいたほうがいいですね。

以下は私がデザイン初心者時代に参考にしていた、Photoshopをやさしく学べるサイト(無料)です。3つ紹介しておきます。

 

無料

サルワカ

デザイン初心者の頃、サイトをあちこち訪問してましたが、一番参考にしてたのが「サルワカ」さんです。

「サルでもわかる」がモットーだけあり、どのサイトより見やすく解説も丁寧。「わかりやすい」のひと言に尽きます。

初心者必見の記事が、ゼロからのPhotoshopの使い方 【保存版】Photoshopツールバーの使い方:全ツールの説明付です。

「ツール 早見表」は、数年経った今でも私のデスクの壁に貼ってあります。

 

LIG INC.

「LIG INC.」さんのユルさと専門性が同居したコラム調の記事は読みやすく、初心者でも頭に入ってきやすかったです。

少し前の記事ですが、基礎項目を網羅したPhotoshop(フォトショップ)初心者のための使い方・基本設定まとめはブクマしておくといいですよ。

 

アドビラーニング

ご存じAdobeが提供するチュートリアルです。作業工程を動画で都度確認できるので、模倣・実践がしやすい。

Photoshopを学ぶうえで、初心者が最初につまづくのが「レイヤー」の理解かと思います。

ここは曖昧に進めてしまうと後々キツくなってしまうので、レイヤーを操作する レイヤーの基本 はしっかりと読み込んでおくといいですよ。

 

 


Photoshopの学習に役立つ情報は無料でもいくらでも手に入りますし、独学でもレベルアップは十分に可能だと思います。

独学だとダラケそうで不安なら、TechAcademy 「テックアカデミー」の Webデザインコースのようなマンツーマンサポートの学習法が向いていると思います。私も一時期お世話になりました。

疑問点はその都度、パーソナルメンターに質問して潰すことができるので、効率よく進めていけます。無料体験期間もありますよ。

 


Adobe Creative Cloud フォトプラン(Photoshop+Lightroom) with 1TB|12か月版|Windows/Mac対応|オンラインコード版

 

 

 

ABOUT US
HiraQ編集者/WEBライター/WEBデザイナー
都内の某広告代理店に勤務。Web広告の編集やライティング、デザインに従事。ブログでは主に、Webライターやブロガー、Webデザイナーに役立つ記事をゆるく発信してます。出身は山梨、いて座のO型、猫派。サッカー好きのPSGサポです。