仕事効率を爆上げ! はかどる作業用BGM 8選【ノマドワーカー向け】

 

好きな曲をBGMにするとテンションは上がっても、生産性は上がりませんよね。

私はMr.Childrenが好きですが、「終わりなき旅」を聴いても仕事は終わらないです。

 

そこで、仕事時に聴くことはなかったジャンルをあえてBGMにしてみると……あら、意外にもフィット!

先入観を捨てた意外な選曲が思わぬケミストリーを生み、作業効率が爆上がりしました。

本記事では、某広告代理店ライターの私が実践で得た知見から、作業用BGM(ノマドワーカー向け)にオススメの楽曲をゆるく紹介しています。

   

仕事効率を爆上げ! はかどる作業用BGM8選【ノマドワーカー向け】

 

 

①:Alan Walker (EDM)

Alan Walkerとは?

(中略)イギリス生まれ、ノルウェー出身の21歳で、DJ・音楽プロデューサー。

元々はプログラミングやグラフィック・デザインに興味を持っていたところ、15歳の頃に独学で音楽プロデュースを覚え、オンライン上での楽曲リリースをスタート。

2015年にリリースした楽曲「フェイデッド」は、ドイツやスウェーデン、スイス、オーストリアの年間チャート1位を記録。

さらに全英週間シングル・チャートと全米ホット・ダンス/エレクトロニック・チャートでもトップ10入りを記録し、ミュージック・ビデオの再生回数も13億回を突破。

【引用】Sony Music Entertainment (Japan)  Alan Walker アラン・ウォーカー プロフィール

ダウナー色が強く、中毒性があります。

聴いてるとイイ感じに脳内麻薬が分泌してくるのか、元気になれる気がします。

個人の所感ですよ笑。

 

 

 

②:Robert Glasper(ジャズ)

Robert Glasperとは?

(中略)1978年に米国ヒューストンで生まれたロバート・グラスパーは、シンガーだった母親の影響でジャズに目覚め、ピアノを始める。

ヒップホップ、R&B、オルタナティブ・ロック、ゴスペルなどのエッセンスを取り入れ、新たなジャズの形を提示した衝撃作『ブラック・レディオ』で第55回グラミー賞ベストR&Bアルバムを獲得。

今世紀ジャズ・シーンにおける最重要ピアニストで、新世紀ジャズの異端児。

【引用】【再掲】グラスパーは、なぜそこまで評価されるのだろうか?~今世紀ジャズ・シーンにおける最重要ピアニストの魅力に迫る -Billboard JAPAN

 

ジャズは「古典的な音楽」のイメージがある方も多いと思いますが、グラスパーは王道のスタンダートジャズに比べて、かなり聴きやすいかと思います。

これからジャズの造詣を深めていきたい人の、入門用としてもおすすめです。

 

 

余談ですが、人気ジャズ漫画「BLUE GIANT 」「BLUE GIANT SUPREME 」「BLUE GIANT EXPLORER 」を聴きながら読むのが、私のお気に入りの愉しみ方です。

 

 

③:ワイルドスピード シリーズ(映画サウンドトラック)

ワイルド・スピードとは?

(中略)2001年にアメリカ合衆国のユニバーサル・ピクチャーズが、製作・公開したカーアクション映画、及び本作を起点とするシリーズ作品。

ストリートレースや日本車をメインとした様々なチューニングカー、NOS(ナイトラス・オキサイド・システム)を使用した時の景色が歪む様な加速描写等が見物である。

主演にヴィン・ディーゼル、ポール・ウォーカーを迎え、ミシェル・ロドリゲス、ジョーダナ・ブリュースターらが出演。監督はロブ・コーエン。

シリーズを通じて登場するドミニクとブライアンの初邂逅、続編以降に繋がる全体のテーマである「ファミリー」の原点を描く。

【引用】ワイルドスピード 単語 -ニコニコ大百科

 

ワイルドスピード」シリーズには、Pitbull、Flo Rida、David Guettaなどそうそうたるアーティストが参加しています。 

なかでも私がオススメしたいのは、Don Omarの「Danza Kuduro ft. Lucenzo」です。

映画「ワイルド・スピード MEGA MAX 」のエンディングで流れていた曲なので、聴き覚えのある人も多いのでは。

 

 

脳のメカニズムとして、記憶や読解には言語脳を使います。よって歌詞のある曲やテンポの速い曲は脳に負荷をかけます。

そのため、「仕事や勉強時にアップテンポの曲は向かない」と考えられますが、作業の開始前に聴くのは有効とされているそうです。

東北大学の論文「短期記憶におけるモーツァルト効果の神経基盤の解明」によれば、「速いテンポの曲を聴かせた後に短期記憶課題を行ったところ、左下前頭回(短期記憶に必要な部位)が活性化し、短期記憶が向上した」との研究結果が得られたそうです。

なので作業開始10〜15分前に、自分の好きな曲やアップテンポな曲をかけると脳のウォーミングアップになり、短期記憶を高める効果が期待できます。

 

  

④:メトロノーム

 

一定のリズムを刻み続けるメトロノームは、体内に安定したリズムを供給し、落ち着きや緊張を和らげる効果があるそうです。

人体のメカニズムとして、人は2つの異なるリズムを刻むことができません。そのため、外部からゆっくりとした一定のリズムを供給されると、より安定したリズムの方に支配されます。

こうした生理現象からも、メトロノームで外部から一定のリズムに体内のリズムを同調させることにより、安定感やリラックスした状態を取り戻せるのです。

 

 

ちなみに、ぐずっている赤ちゃんを落ち着かせるために、お母さんが背中をぽんぽんと一定のリズムで叩いてあやしますよね。

これはぽんぽんと一定のリズムで叩く音が、胎内にいた頃の心音のリズムに近いことから、安らぎや温もりを感じるからだそうです。

ノマドワークがはかどらない時って、まわりの会話や物音が異様に気になったりしますが、疲労やストレスなどで心が乱れてたり、緊張してたりするのが要因ということも。

その場合はヘタに音楽をかけるよりも、メトロノームの「カチッ、カチッ」が有効だったりします。『寝トロノーム』などのアプリをスマホにインストールしておくといいですよ。

 

⑤:モーツァルト(クラシック)

 

音楽は上手に取り入れることで、作業や運動でプラスに作用することが知られていますが、「気分」に対しても効果があります。

たとえば、「クラシックを聴くと落ち着く」という人は多いですよね。クラシックを聴くと副交感神経が優位になり、血圧や心拍数が下がる傾向がみられます。

さらに脳波でα波が増え、「幸せホルモン」と呼ばれるセロトニンが放出されて、リラクゼーション効果を得られるそうです。

 

 

また、意識的にクラシック音楽を聴くと、「アセチルコリン」と呼ばれる神経伝達物質が放出されます。アセチルコリンが増えると、記憶力や創造力の増強効果が期待できるそうですよ。

 

 

⑥:KINGDOM HEARTS III(ゲーム)

 

個人的に、ゲーム音楽は作業用BGMに向いてる実感があり、「KINGDOM HEARTS III」をヘビロテしてます。

  

 

作曲はおなじみの下村氏、石元氏、関戸氏の三人体制で、シリーズの集大成といえる作品です。

特にラスボス(ゼアノート)戦のBGMは、締め切り直前の自分を奮い立たせる「勇者のテーマ」になってます。

 

 

⑦:ホワイトノイズ・自然音

 

「音楽を聴きながらの作業は効率を下げる」と言及する研究は多いですが、「手先を動かすような単純作業の場合、音楽や多少の雑音がある方が効率性は高まる」とも言われています。

以下は、新R25掲載の東京大学薬学部教授・池谷裕二先生の見解です。

 

(中略)まず、マウスの実験だと、まったくの無音状態では何かを学習させるということができないんです。

人間であれば静かな喫茶店くらい、50デシベル程度の雑音があるといいでしょうね。それくらいの雑音があったほうが、学習は進みます

たとえば「自然音」が収録されている音源を聞くとか。雨音や波音、川のせせらぎ、葉ずれの音、鳥の声、虫の声などそういったものは、良しとされていますね。

一概には言えませんが、「ほどほどに音楽が好きな人は、音楽を流したほうが作業効率がいい」というデータがあります。けど…

効果は単純作業に限ります。数学の難問を解く、論文を書くといったことには当てはまりません。

脳は“無意識”では複数のことを並行して処理するのが得意なんですけど、“意識している状態”では並行処理が苦手です。

だから音楽をかけていると、本来やるべき仕事に割り当てるはずの心理リソースが、「音楽を聞く」という作業にも振り分けられてしまう。平たく言うと、集中力がそがれてしまうんです。


【出典】新R25「集中力を上げる効果はない」とわかっていても、脳研究者が仕事中にBGMをかける理由

普段から集中力が高く、持続もする人の場合、無音が一番かもですが、無音すぎると集中できない「雑音派」もいますよね。

私は雑音派なので、ざわざわしてるカフェなど多少の雑音がある方が集中しやすいです。

雑音派なら、ホワイトノイズ(ザーッというテレビの砂嵐の音)や自然音(波の音や鳥のさえずり、焚き火のパチパチ音など)が良いかもです。

 

 

⑧:無音

 

人間の脳は一度に2つのことをこなす「マルチタスク」ができません。作業しながら音楽を聴くというのは同時に行われているように感じるかもですが、実際には脳の中で、それぞれの処理を交互に行なっているのです。

よって音楽を聴きながらの作業は脳に強い負荷をかけているため、脳科学的には「音楽は作業効率を低下させる」という見解なのです。

そのため、「作業時は無音状態が最適」だと言われています。

無音環境を作るなら、「MOLDEX 」の耳栓か「Apple AirPods Pro 」などのノイズキャンセリングイヤホンを使うのが手っ取り早いですよ。

  

  

 

コスパで選ぶなら、「Anker Soundcore Liberty Air 2 Pro 」もおすすめ。ノイキャンイヤホンの中では格安の部類ですが、性能は申し分なしです。

 

 

作業用BGMをアップデートしてノマドワークをはかどらせよう

 

お疲れさまでした。最後におさらいをして、記事を終えます。

 

 

「集中できる曲」の基準は人それぞれ。当然、私と違う印象や意見もあるでしょうが、「ノマドワークがはかどる」の観点からピックしました。

自分でも意外な選曲を作業用BGMにすることで、ノマドワークが一気にはかどるかもしれませんよ。

 

ご精読ありがとうございました。「ノマドワークがはかどる作業用BGM」をお探しのあなたの一助になればうれしいです。

 

 

 

ABOUT US
HiraQ編集者/WEBライター/WEBデザイナー
都内の某広告代理店に勤務。Web広告の編集やライティング、デザインに従事。ブログでは主に、Webライターやブロガー、Webデザイナーに役立つ記事をゆるく発信してます。出身は山梨、いて座のO型、猫派。サッカー好きのPSGサポです。