【簡単】入力ミスを確実に減らせる4つの方法【誤字脱字で信頼を失う前に】

 

誤字脱字などの入力ミスは、書き手の評価を著しく落とします。

たった一文字の誤植で、これまで築いてきた信頼を失うことも……

 

2013年度の日本アカデミー賞で最優秀作品賞を受賞した『舟を編む』という映画をご存知ですか?

松田龍平さん演じる出版社の辞書制作部の編集マン・馬締(まじめ)はある日、出稿が間近に迫った新作辞書の誤植を発見します。

ミスに気づいた馬締は、、、

   

馬締

ミスが一つでもあるということは、他にもあるかもしれない。

たった一文字でも、間違いのある辞書が信用してもらえるはずがない!

 

と即座に判断し、社員とアルバイト総動員で泊まり込みで読み直しをしようと訴えます。

それから連日連夜にわたる鬼作業の日々を乗り越え、新作辞書は無事に発売の日を迎えたのです。

 

一文字のミスも許されない字書づくりのプロの仕事に、目頭が熱くなりました。

ちょっと極端ですが、私は文章チェックする際に、よくこの映画のことを思い出します。

 

辞書一冊丸ごと読み直すのに比べたら、ブログの3,000文字程度で「めんどくせー」とか言ってられないですよね。

 

 

ちなみに「舟を編む」は「Amazonプライム会員」で無料視聴できますよ。

» Amazon プライム ・ビデオ「30日間無料トライアル」はこちら

(※無料対象外に変更されている場合があるので、サイト先でご確認ください)

 

記事やブログを書く以上、誤字脱字ゼロはマストであるべき

 

話を戻しますが、ネットニュースなんかを見ていると、けっこうな確率で誤字脱字に気づきますよね。

 

 

 

 

読み始めた早々に誤字を発見し、読む気を失った経験は誰にでもあるでしょう。

「人間だしミスは仕方ないじゃん」と言いたいところですが、

「辞書作ってるんじゃないんだから」と言いたいところですが、

文章に携わる仕事だる以上、誤字脱字ゼロはマストであるべきです。

 

そこで今回は、某広告代理店の編集者兼ライターである私が、実践で得た知見を踏まえて「入力ミスを確実に減らせる4つの方法」を紹介します。

自分の書いた文章は客観視しづらいですが、やり方しだいでかなり改善できます。参考になれば幸いです。

 

「誤字脱字多すぎ」ともう言われない! 入力ミスを確実に減らせる4つの方法

 

  1. 執筆後、一晩寝かせる
  2. 原稿をプリントアウトし、“紙面&音読”でチェックする
  3. 文章ではなく単語に「ぶつ切り」して読む
  4. 校正・校閲ツールを使う

 

執筆後、一晩寝かせ

 

書いた直後は記憶が新しい状態なので、執筆時と同じ見落としをする可能性が高くなります。できれば一晩寝かせて、スッキリした頭で見直せるのがベストです。

可能であれば、翌々日まで寝かせましょう。時間が空くほど客観的に見ることができます。

「一晩どころか30分も寝かせてるヒマないよ」って場合、短時間でもいいので、書くことから一度離れてください。物理的に距離と時間をおいて、自分目線を外すのがポイントです。

その間、なるべく「書くこと」と離れたことをしましょう。たとえば、10分散歩する。シャワーを浴びる。コーヒーを淹れる。クラシックを1曲聴く。トイレの個室に入ってスクワットをするとか。

より「冷めた視点」で文章を見直すことで、誤字脱字や論理破綻に気づきやすくなります。

  

原稿をプリントアウトし、“紙面&音読”でチェックする

 

ディスプレイ上でのチェックは文字が追いづらく、誤字脱字を見落としやすくなります。

おすすめのチェック法は原稿をプリントアウトし、紙面でのチェックです。指さし確認や赤入れがしやすいので、チェック精度が高まります。  

プリンターはとりあえず印刷できればいいので、Canon「PIXUS TS3330」のような安価なものが1台あると重宝しますよ。

 

 

また、音読も一緒にやると効果的です。

声に出すと、「一文が長すぎる部分」「発音しにくい部分」「言葉遣いに違和感がある部分」を発見しやすくなります。

たとえば一文が長すぎる場合、主語と述語がかけ離れていたり、文章の始めと終りがミスマッチになっていたりする可能性が高いでしょう。

発音しにくい場合、書き方が回りくどかったり、熟語や専門・業界用語などが多かったりで、「わかりにくい」文章になっているからかも。

言葉遣いに違和感がある場合、言葉や表現が重複していたり、「おかしな日本語」になっている可能性がありますね。

 

③ 文章ではなく単語に「ぶつ切り」して読む

 

文章で読むと、無意識に文脈や内容も読み取ろうとしてしまうので、誤植や文章の違和感に気づきにくくなります。

なので単語に「ぶつ切り」にして読むのがおすすめです。

↓たとえば以下の感じ

誤字/脱字/を/見落とさない/コツ/は/、/文章/で/読まず/に/「/単語/で/ぶつ切り/」/に/する/こと/です/。/

 

また、書いている途中に都度立ち止まって、誤字脱字チェックするのはよくないです。

「書く」と「チェックする」を同時にやるとせっかく浮かんだアイデアが消えてしまうし、リズムや勢いも失ってしまいます。

書くときは書くことだけに集中し、誤字脱字チェックときっちり分けてやりましょう。

  

④ 校正・校閲ツールを使う

 

校正・校閲ツールは、無料で使えるものから有料のものまでたくさんあります。

PCに「Microsoft Word」が入っているなら、自動で修正部分を表示してくれる「スペルチェック機能」と、校正・校閲の履歴を表示する「変更履歴の記録機能」を活用しましょう。

無料ツールならユーザー登録なしで使える「Enno」がおすすめ。ブラウザにコピペするだけでタイプミスや変換ミス、スペースのエラー、文字化けなどをチェックしてくれます。

ただ精度や機能は「それなり」なので、私は 文章作成アドバイスツール【文賢】 を使っています。有料ツールですが、使い勝手が良いので紹介しておきます。

 

某広告代理店ライターの私も使うライティング支援ツール「文賢」

  

【画像出典】文賢公式サイトよりスクリーンショット

 

使い方は簡単。文章をブラウザにコピペするだけで、AIが文章チェックしてくれます。

  

1万文字以上のボリュームでも数秒でチェック完了

 

私が主に使う機能は4つです。

  1. 校閲支援
  2. 文章表現支援
  3. 推敲支援
  4. チェック形式のアドバイス機能

① 校閲支援

 

  • 誤字脱字
  • 誤用しやすい言葉
  • ら抜き言葉
  • 重複
  • 半角・全角の表記ゆれ
  • 差別表現や不快語

 

などをさまざまなチェックポイントからチェックし、誤った使い方になっていないかアドバイスしてくれます。

 

② 文章表現

 

より表現豊かで、もっと生きた文章にするために、「言い換え」「類語」「慣用句」「たとえ表現」などを提案してくれます。

たとえば、「衝撃を受けた」という表現を、ウィットに富んだ感じで言い換えたいとした場合、以下のような表現例を提案してくれます。

アナゴさんがマスオさんよりも年下だと知った時の衝撃

言い回しが思いつかない時の参考になりますよ。

 

③ 推敲支援

 

文章を読みやすく、わかりやすく伝えるためのアドバイスをしてくれます。

たとえば、

・ 同じ助詞、「が」「の」「は」などが続けて使われている箇所を指摘

・ 同じ文末表現、「です」「ます」「でした」などが続けて使われている箇所を指摘

・ 漢字よりもひらがなで書いた(ひらく)ほういい箇所を指摘

 例)

敢えて → あえて

後で → あとで

更に → さらに

・ 冗長な文章の指摘

〜することができる → 〜できる

といった具合ですね。

 

④ チェック形式のアドバイス機能

 

・「主語」と「述語」の距離は近いですか?

・できるだけ最初に「結論」を書くようにしていますか?

・「箇条書き」を用いて、整理できる箇所はありませんか?

 

といった具合に、「こうすればもっと良くなる」とリライトのアドバイスをしてくれます。

さらに「音声読み上げ」や「文字数カウント」などライティング精度を高める機能も充実しています。

 

文賢を使ってみたいライター、ブロガーは多いと思いますが、無料お試し版がないこともあり、購入を迷っている人が多いようです。

 

 

 

 

私は 文章作成アドバイスツール【文賢】 を使うようになってから、それまで校正・推敲に割かれていた時間・労力を大幅に削減できるようになりました。

費用対効果が高いかは人によると思いますが、誤字脱字など入力ミスを指摘されることが多い人や、校正・推敲に割かれる時間を短くしたい人には “使えるツール” であることは間違いないですよ。 

»文賢】公式サイト(※無料のオンライン説明会を随時開催中)

 

【結論】文章の質を引き上げると入力ミスも減る

 

入力ミスを確実に減らせる「4つの方法」のおさらいです。

  1. 執筆後、一晩寝かせる
  2. 原稿をプリントアウトし、“紙面&音読”でチェックする
  3. 文章ではなく単語に「ぶつ切り」して読む
  4. 校正・校閲ツールを使う

 

人の目だけで入力ミスを防ぎ続けるのはシンドイですし、効率的じゃありません。

記事の品質に生産性、クライアントや読み手からの信頼性を担保するためにも、ライティング支援ツールは積極的に使っていくべきです。

私が文賢を使っていて「一番メリットがあった」と感じるのは、自分のミスの特徴と傾向を把握できたことです。

ミスしやすいポイントがわかってくるとおのずと注意が向かいますし、気づくのも早くなります。結果、同じミスをくり返すことが激減しました。

また、第三者視点から推敲をアシストしてくれることで文章の質が上がり、書き上げるのにかかる時間を大幅に短縮できるようになりました。

ライティングのスキルアップを図るうえでも、文章作成アドバイスツール【文賢】 のような支援ツールに投資する価値は十分にあると思いますよ。

 


»【文賢】公式サイトへ(※オンライン説明会を随時開催中)

 

 

ご精読ありがとうございました!

本記事が「誤字脱字多すぎ」ともう言われたくないあなたの一助になれば幸いです。

 

こちらの記事も何気によく読まれています!

 

 

ABOUT US
HiraQ編集者/WEBライター/WEBデザイナー
都内の某広告代理店に勤務。Web広告の編集やライティング、デザインに従事。ブログでは主に、Webライターやブロガー、Webデザイナーに役立つ記事をゆるく発信してます。出身は山梨、いて座のO型、猫派。サッカー好きのPSGサポです。