フューチャーペーシングで反応率を劇的に変える!【心理:人は予告されると行動を起こしやすくなる】

   

教師:「はいここテストに出るよー」

 

・・・!!!

・・・!!!

 

このフレーズが出ると、それまでぼんやりと授業を聞いていた生徒たちが一斉に注目します。

なぜか?

テストに出るとわかったから ですよね。

人は「これから重要なことをお知らせします」のニュアンスで切り出されると、“注意セヨ” のセンサーが反応して、聞く・見る体勢を整えようとします。

この「テストに出るよー」のシチュエーションのように、これから起こることを予告し、未来をあらかじめ体験させる手法を「フューチャーペーシング」といいます。

フューチャーペーシングは本来、NLP(神経言語プログラミング)で使われる用語ですが、本記事では、記事のイメージアップ(印象をよくする)のための手法 として解説します。

記事のライティングにフューチャーペーシングを活用すると、以下のような効果が期待できます。 

✔ 記事のイメージアップにつながる

✔ 読み手の離脱を防ぎ、記事の読了をうながす

✔  読み手にとってほしい行動(ページへ誘導や商品購入など)をうながす

 

人は誰でも「見通しが悪い」ことには不安を覚えるものです。

記事でいう「見通しが悪い」というのは、「この記事を読むと何を得られるのか」がよくわからないということです。

最後まで記事を読んでもらうには、あなたの記事を読むと「どんないいこと」があるかのメリットを伝え、読後のイメージを膨らませてもらうことが大切です。

フューチャーペーシングを用いてこれから起きることを予告し、読了後の未来をあらかじめ体験させることで、記事の見通しを良くすることができます。

見通しが良いと読み手は心構えができ、安心感を得られます。期待値も高まることで読む意欲も高まります。

ひいてはあなたが読み手にとってほしい具体的な行動(商品・サービス購入など)を促しやすくもできるのです。

  

フューチャーペーシングを使ったフレーズ事例4つ

 

フューチャーペーシングねぇ。聞いたことないんだけど……

 

という人でも、普段からブログや仕事で文章を書く機会が多い人なら、意識はせずとも実践はしていると思います。

たとえば、以下のような文章です。

①:社員の離職率を下げるための「3つのポイント」をお伝えします。

 

フューチャーペーシングのコツは「数字を使う」ことです。

「ポイントが3つあります」と予告することにより、

ほう……、その3つのポイントとやらを押さえればいいんだな?

と読み手は、これから自分のすべきことが明確になります。

 

以下のような文章も、フューチャーペーシングを活用したものです。

②:今からお話しする5つの条件、今日これだけは絶対に覚えて帰ってくださいね!

セミナーの講師が言いそうなフレーズですが、「今からお話しする」や「今日これだけは〜」がポイントです。

「今からお話する」というのは、先述の「テストに出るよー」とほぼ同じ使い方で、「これから重要な話をします」という切り口にすることで注意を引きつけます。

また、「聞かないと後悔するよ」といったニュアンスも含んでいます。

「今日これだけは〜」では、今から話そうとしている内容の重要性を強調することで、読み手の注意を惹きつけます。

また、「これだけは〜」は「最悪覚えるのはこれだけでいい」という簡易性のアピールにもなり、読み手のハードルや心理的負担を下げる効果が期待できます。

 

今から言うことが重要なのね? 5つだけなら覚えられそうだわ!

 

③:この記事は “約○分” で読めます

記事タイトルの下あたりによく書かれているフレーズですが、「読了時間の目安の記載」はフューチャーぺーシングの一種といえます。

読む前に「3分で読める」ことがわかっていれば、「3分なら読んでもいいか」とか「3分は長いからブックマークしとこう」といった判断もしやすくなります。

忙しい現代人は「何分かかるかわからない記事」を辛抱強く読んではくれません。

読了時間の目安の文言を記事の冒頭で目に入るよう記載することで、離脱を改善できる場合もあります。検証価値はあると思いますよ。

   

④:想像してください。3ヶ月後、洋画を字幕なしで見れるようになった自分を。

ポイントは「想像してください」です。心理テストなんかでよく見るフレーズですね。

「理想の未来」というものは人それぞれなので、あれこれ並べ立てるより情報だけ与えて、各自で想像してもらったほうが効果的な場合もあります。

また、「〜してください」と “お願い” のニュアンスにすることで押しつけ感が薄まり、受け入れやすい空気をつくる効果もあります。

 

世界的ベストセラー小説の『海底二万里』や『八十日間世界一周』で知られるジュール・ヴェルヌは、「人間が想像できることは、人間が必ず実現できる」という名言を残しています。

「想像してください」はイメージを鮮明にし、行動を促すうえでも強力なフレーズの一つといえますね。

   

読み手の反論を先回りして、適切な答えで速やかに処理する

 

 

ブログの文章でもPR広告の文章でも、読み手の共感や賛同を得られる文章というものは例外なく、書き手の主張に「一貫性」があるものです。

ただ筋が通っていても、「それは違うんじゃない?」「そうとは言い切れないよね?」といった “反論の余地” も必ず出てきます。

反論に耳を貸さず、書き手の主張ばかり押し通そうとする文章は客観性に欠けます。そうした文章では読み手の共感や賛同も獲得しづらく、信頼関係を築くのが難しくなります。 

そこで活用したいのが「反論処理」というテクニックです。反論処理とは、読み手の反論を先回りし、適切な答えを返すことです。

たとえば以下のような感じです。

  

「でも、それだと〇〇と同じじゃないの?」と思ったかもしれませんが、全然違います。 なぜなら……(+読み手の反論に対する適切な答え)

「〇〇には必要ないのでは?」と思われたかもしれませんが、実はそういう人こそ利用するメリットが大きいのです。というのも……(+読み手の反論に対する適切な答え)

 

書き手の主張の後に、読み手が抱きそうな意見や心理を予測し、代弁します。それから適切な答え(用意しておいた答え)を返し、読み手の不安や疑問などを速やかに回収するのです。

反論処理で最も重要なのは、読み手が「それは違うんじゃないの?」と反論を抱いたタイミングで行うことです。

反論を速やかに処理してもらえたことで、読み手は「なかなかやるじゃないか」と書き手を評価するため、信頼関係の構築にも有効でしょう。

  

フューチャーページングを使ったデザイン事例3つ

 

 

商品・サービスを紹介する記事の場合、使い方や申込手順などの説明文を書くことが多いですよね。

その際、テキストだけで説明しようとすると文章が長くなり、可読性も下がりがちです。

すると見通しが悪くなり、ぱっと見で内容を理解しづらくなるので、読み手にやさしくないですよね。

そこで図や表、イラストなども組み合わせる見せ方がよくされますが、これもフューチャーペーシングの一種です。

代表的なのが「3ステップ」などのフローチャートで、たとえば以下のようなものです。

 

事例⑤】

 

【事例⑥

 

スタートからゴールまでのステップを箱で表し、箱の間の矢印や数字を使って手順を示すことで、プロセスがわかりやすくなります。

言語情報は脳が理解するのに時間を要しますが、図や表、イラストなどの視覚情報だと、脳は直感的に情報を理解できます。

なによりテキストだけの説明よりも格段に見やすいし、わかりやすいですよね。そのため、脳への負担も少なくなり、記憶にも定着しやすいメリットがあります。

また、イラストがあると視覚的にも楽しく、「簡単そう」「ラクそう」といったイメージにつなげやすくなり、読み手の心理的負担を下げる効果も期待できるのです。

 

デザイン事例でもう一つ。以下は、クレジットカードを申し込む際でよくみる入力フォームの画面です。

事例⑦ 

 

クレジットカードの申込ってだいたい入力項目が多いですが、入力不備があると「必須項目はあと○つです」といったエラー表示を返してきますよね。

その際、どこが間違っているのかがすぐにわからないと、一気にめんどくさくなりますよね。

 

・いまどの段階まで来ているのか?

・どこに不備があって、エラーを返されているのか?

・埋める項目はあといくつか?

 

これらを速やかに返してあげることで、入力側は進捗や達成度の確認がしやすくなります。

ストレスなく気持ちよく入力してもらえるだけでなく、途中離脱を防ぐうえでもきわめて有効です。

フューチャーペーシングはいわば、営業機会の損失を防ぐための流れをつくる施策なのです。

  

ご精読ありがとうございました。

「読み手の反応が鈍い」「離脱率が高い」というときは、フューチャーペーシングを使ったフレーズ、デザインにできないか検討してみてはいかがでしょうか。

 

▼ こちらの記事も何気に読まれています!

 

 

ABOUT US
HiraQ編集者/WEBライター/WEBデザイナー
都内の某広告代理店に勤務。Web広告の編集やライティング、デザインに従事。ブログでは主に、Webライターやブロガー、Webデザイナーに役立つ記事をゆるく発信してます。出身は山梨、いて座のO型、猫派。サッカー好きのPSGサポです。