フューチャーペーシングで反応率を劇的に変える!【心理/人は予告されると行動を起こしやすくなる】

 

 

教師:「はい、ここテストに出るよー」

 

・・・!!!

・・・!!!

 

このフレーズが出た途端、それまでぼんやりと授業を聞いていた生徒たちが一斉にノートをとり始めます。

なぜ反応したのか? 「テストに出るとわかったから」ですよね。

人は、自分にとって重要と感じる情報には「注意セヨ」のアンテナが立ちます。

そのため、「これから重要なことを言います」のニュアンスで切り出されると、自然と耳を傾けようとするのです。

 

人はこれから起こることを予告されると、行動を起こしやすくなる。

 

 

読み手にこれから起こることを前もって伝え、未来をあらかじめ体験させる手法を「フューチャーペーシング」といいます。

人は、これから起こることを「事前にわかっている」と安心感を得たり、行動を起こしやすくなったりします。

仕事や生活、人間関係でもそうですが、「先が見通せない」と誰だって不安になるもの。ブログでも「これを読むと何を得られるの?」と不安を感じたら、読むのやめますよね。

そこでフューチャーペーシングで先行きを予告し、未来をあらかじめ体験させてあげると、、、

✓ 記事のイメージアップ(印象を良くする)につながる

✓ 途中離脱を抑止し、記事の読了を促せる

✓ 商品・サービスの購入など行動を促せる

といった効果も期待できるのです。

 

フューチャーペーシングはもともと、NLP(神経言語プログラミング)で使われている用語ですが、本記事では、記事のライティングにおけるイメージアップ(印象を良くすること)の手法として解説します。

 

フューチャーペーシングを活用したライティングの事例

 

 

「フューチャーペーシング」という言葉は初耳でも、ブログなどで情報発信している人なら意識はしてなくても実践はしてることが多いです。

たとえば以下のような感じ。

 

事例①

社員の定着率を上げるために必要な「3つのポイント」をお伝えします。

 

勘のいい方ならピンときたでしょうが、フューチャーペーシングは“数字”を使うのがコツです。

「ポイントは3つ」と前もって伝えることで、読み手の目的が明確になります。

 

ポイントを3つ押さえればいいんだな!

 

また、「ポイントを押さえれば社員の定着率が高まる」という結果を得られることが“前提”になっていますが、人は前提を示されると、その前提に導かれやすくなります。

すると無意識に「これから聞く話は役立つ」と認識するので読む意欲も高まるのです。

 

事例②

これからお話しする5つの秘訣。今日これだけは覚えて帰ってくださいね。

 

セミナーなどでよく使われる伝え方で、「これからお話しする」「今日これだけは〜」がポイントです。

「これからお話する」は「今から重要な話をしますよ」という予告で、読み手の興味を惹きつけ、聞く耳をもたせる効果があります。

また、「今日これだけは〜」で重要性と簡易性を強調することで、読み手の心理的負担やハードルを下げる効果も期待できます。

 

今から言われることが大事なのね? 5つ覚えるだけでいいなら簡単そう。

 

事例③

この記事は、約○分で読めます

 

タイトルの下あたりでよく見る文言ですよね。読了の目安時間を示すのはフューチャーぺーシングの一種といえます。

このくらいで読みきれますよ」とあらかじめ伝えることで読み手は心構えができ、読む(見る・聞く)体勢を整えようとします。

個人差はありますが、文字を読む平均速度は1分間に400~600文字。3分だと1,500文字程度です。

読了の目安時間がわかることで、「今すぐ読む or あとで読む」の判断もしやすくなり、直帰率の改善効果も期待できます。

 

3分なら会社に着くまでに読みきれそうだな。

今ちょっと読んでる時間ないけど、あとで読みたいからブックマークしておこう。

 

サクッと読みたい人には親切な情報ですし、「時間かかるなら読まない」と判断しがちな人の足止めにもなります。

ただし、この文言を見ると「読む気が失せる」という人もいます。おそらく「3分で読めます」と言っておきながら7、8分かかる記事とかあるからでしょうね。

フューチャーペーシングは、これから起こることを読み手に予告して先の見通しをよくするための表現です。

予告と齟齬があると機能しなくなるので、本来の目的とズレないよう、「盛る」にご注意を。

 

ちなみに長文記事は読了時間が長くなるので、目安時間を記載したら読まれないのでは?と思うかもしれません。

「長文を読まない」は一定層いますが、ほとんどの人は「面白くない」「期待してた内容と違う」と感じた時に読むのをやめるのです。

目安時間はマストではないですが、読了率や離脱率の改善に奏功する場合があるので、検証価値はありますよ。

   

事例④

想像してください。3ヶ月後、洋画を字幕なしで見れるようになった自分を。

 

ポイントは「想像してください」です。心理テストなんかでよく見る切り口ですね。

読み手任せなのは否めませんが、読み手の頭のなかにある「理想的な未来」をイメージしてもらうことで、ビフォー・アフターを連想しやすくなります。

実際、書き手が商品・サービスのメリットなどをアピールするより、情報を与えて想像を膨らませてもらった方が、読み手の願望実現を加速化させる場合もあります。

 

3ヶ月はちょっと信じ難いけど、字幕なしで洋画観れるって憧れる……。

 

「理想的な未来」を鮮明にイメージできるほど、モチベーションは高まります。

記事の読了や商品・サービスの購入といった、具体的な行動を後押しする効果も期待できるでしょう。

 

ちなみに『海底二万里』『八十日間世界一周』などで知られるフランスの小説家 ジュール・ヴェルヌは、「人間が想像できることは、人間が必ず実現できる」という名言を残しています。

「想像してください」は、人の感情を揺さぶるのに有効なフレーズだったりするのです。

   

“反論”を先回りすると、読み手の「こいつ、わかってるじゃん」を得られる

 

 

ブログで趣味の記事を書く場合でも、セールス系の記事を書く場合でも、大切なことは主張に一貫性があることです。

一貫性があるから土台のしっかりした主張になり、論理的で説得力のある文章を書けるようになります。

ただし、どんな主張にも“反論”の余地があります。「それは違うんじゃない?」「そうとは限らないでしょ」といった反対派の意見ですね。

 

 

そうした声を無視し、書き手の主張だけを押し通してしまうと、客観性を欠いた内容になります。

すると読み手の共感や理解を得にくくなり、信頼関係を築くのが難しくなります。

そこで有効なのが「反論処理」というテクニック。主張する内容に対し、あらかじめ予想がつく“反論”を先回りし、答えを用意しておくのです。

 

・こう書いたら、読み手はこんな疑問が浮かんで不安になりそうだな。

・こう説明すると、こうした関連情報も知りたくなるかもしれない。

 

読み手が抱きそうな反論を予測しておき、主張した直後に「あなたはこう思ったのではありませんか?」と読み手の意見・心理を代弁し、適切な答えを返すのです。

 

こう聞いて不安になったかもしれませんが、大丈夫です! なぜなら……

「〇〇には必要ないのでは?」と思われたかもしれませんが、実はそういう人こそ活用するメリットが大きいのです。こちらのデータをご覧ください……

 

といった感じです。

読み手の反論に適切な答えを速やかに提示してあげられると、「こいつ、わかってるじゃん」という安心感につながります。

主張に説得力も備わり納得感が増すので、信頼関係を築くうえでも効果的な手法なのです。

 

──読み手の“反論”を先回りして、適切な答えを速やかに返す。

これもライティングにおけるフューチャーペーシングの活用例といえますね。

 

 

フューチャーページングを活用したデザイン事例

 

 

ブログで商品・サービスの紹介をするにあたり、申込手順や使い方などをレクチャーするといった内容を書くことがありますよね。

その際、テキスト情報だけで説明しようとすると先の見通しが悪くなり、読み手の不安や疑問に繋がりやすくなります。

そこで有効なのが、イラストなども使ったフューチャーペーシングです。

代表的なのが「3STEP」などのフローチャートで、以下の事例⑤・⑥のような感じです。

事例⑤

事例⑥

 

ざっくりいうと、スタートからゴールまでの各ステップを箱で表し、箱の間の矢印でプロセスをわかりやすく示すというものです。

テキストは言語情報で脳が理解するのに時間を要しますが、図や表といった視覚情報は直感的に情報を理解できます。

視覚的にも楽しく、ぱっと見で「簡単そう」といったラクな印象を与えられるので、読み手の心理的負担を下げる効果もあります。

このようにフューチャーペーシングを活用した説明にできると、スタートからゴールまでが格段にわかりやすいですし、記憶にも残りやすいのです。

 

事例をもう一つ。以下⑦は、クレジットカードを申し込む際の入力フォーム画面です。

入力漏れがあると「必須項目はあと8つです」的なエラー表示を返してきますが、これもフューチャーペーシングの一種といえます。

事例⑦ 

 

クレジットカードの申込って入力項目が多いですよね。ようやく入力し終えたのにエラーで弾かれるとイラッとしますよね。

その際、「どこがダメ」かをすぐに判別できない仕様も未だに多いですが、これでは「めんどくさい」が加速して離脱が増えてしまいます。

営業機会の損失を防ぐためにも、上記事例のように「今どこで、あとどれくらい?」を示すフューチャーペーシングを活用すべきです。

進捗状況を確認できると人は安心感を得られ、項目が埋まっていくことで達成感も得られるので最後まで気持ちよく入力を続けられます。

結果、途中離脱の防止や、商品・サービスの購入などの具体的な行動を後押しする施策としても有効です。

 

本記事のポイントをおさらい

 

お疲れさまでした。本記事のポイントをおさらいして筆を置きます。

 

 

人は自分にとって重要だと感じる情報には、「注意セヨ」のアンテナが立つ。そのため、「これから重要なことを言います」のニュアンスで切り出されると、自然と聞く(見る・読む)体勢を整えようとする。

「フューチャーペーシング」とは、これから起こることを読み手に予告し、未来をあらかじめ体験させる表現のこと。ライティングにおいては、主に記事の印象を良くする(イメージアップ)目的で使われるテクニック。

人は、これから起こることを予告され、「事前にわかっている」と安心感を得たり、行動を起こしやすくなったりする。

どんな主張にも「反論」の余地がある。「こう書くと、読み手はこんな疑問、不安を持つのでは?」といった反論を常に予測することで、読み手の理解・共感を得られる文章を書ける。

主張の直後に、「あなたはこう思ったのではありませんか?」と読み手の意見・心理を代弁し、適切な答えを返すことを「反論処理」という。読み手の頭の中に疑問や不安が浮かんだ後ですぐに答えを提示できると、安心感・納得感に繋がる。

商品・サービスの申込手順や使い方などのレクチャー記事を書く場合、テキスト情報だけでなく、イラストや「3STEP」などのフローチャートを使ったフューチャーペーシングが効果的。先の見通しが圧倒的によくなり、理解度も深まる。

 

ご精読ありがとうございました。

「読み手の反応が鈍いな……」と思ったら、フューチャーペーシングを活用した表現ができるか検討してみてください。突破口になるかもしれませんよ。

 

▼ こちらの記事も何気に読まれています!

 

ABOUT US
HiraQ編集者/WEBライター/WEBデザイナー
都内の某広告代理店に勤務。Web広告の編集やライティング、デザインに従事。ブログでは主に、Webライターやブロガー、Webデザイナーに役立つ記事をゆるく発信してます。出身は山梨、いて座のO型、猫派。サッカー好きのPSGサポです。