写経は「分析とセット」で文章力が上がる!【意味あるか?と思ってる人にほど推したい】

 

某広告代理店で編集者兼ライターをしているHiraQです。

ライティング初心者や新卒の方から、「文章力を上げるにはどうしたらいいですか?」とたまに訊かれることがあります。

いろいろなアプローチがありますが、わたしは「写経(写筆)」を勧めることが多いです。

 

でも「写経がいいよ」とかいうと、、、

 

それよく聞くけど、本当に意味あります?

 

としぶい顔をされることが多い(笑)

 

本記事は、

「写経って意味あるの?」

「そもそも写経すると、なんで文章力がつくの??」

「だったら効果的な写経のやり方を教えてよ!」

という方向けに書きました。

 

「ブログやセールスの文章を書くための文章力を上げたい!」と思っているあなたの一助になれば幸いです。

 

 

他者の文章を書き写すことで、自分の筆にはない「独特のリズム」や「文体(スタイル)」を体感的に捉えられる

 

 

誤解のないように先に言っておきますが、著名な作家やライターの文章を書き写したからといって、文章力が飛躍的に向上するってことはありません。

わたしが思う写経の目的とは、他者の文章を書き写すことで自分の筆にはない “独特のリズム“ や “文体(スタイル)” を体感的に捉える ことにあります。

 

「文章のプロ」とよばれる人たちの文章を一字一句なぞってみると、自分が普段書く文章にはない独特のリズムや文体(スタイル)が宿っていることに気づきます。

それを体感的に感じ取りながら書き写すことで、

・「なるほど。こういう書き方もあるんだな!」

・「もし自分ならここまで深くは書かないし、適当に書いていただろうな……」

といった気づきや反省を得ることができ、文章の改善に活かすことができます。

他者の文章を模倣することにより、自分にはない新しい脳の働きを取り入れることができ、自分の筆の過不足に気づき、成長につながるのです。

 

プロのレトリックや言い回しは、簡単にマネできるようなものじゃないですが、句読点の位置や改行のタイミング、語尾・文末表現などは取り入れやすいです。

意識して文章を書き写してみると、自分の筆とは異なる心地よいリズムが宿っているのことに気づくでしょう。

普段使わない単語や表現の引き出しを増やすことにもつながるので、写経で文章力が上がるというのは総じて事実だと思います。

「模倣は創造の母」という言葉もあるように、オリジナリティは模倣のくり返しから生まれるものなのです。

 

書き写しは手書き or タイピングどっちがいい?

 

 

書き写しはノートに手書きでもパソコン入力でもどちらでもOKですが、手書きはRAS(脳幹網様体賦活系)が活性化し、注意力・集中力を高める効果が期待できることから、記憶定着にも有効といわれています。

あと書き写す際、文章を頭の中だけでなく、音読しながらやるのがおすすめ。手・口・耳を同時に動かすことで「運動的記憶」が強化されます。

すると前頭前野(記憶や思考、判断などを司る部分)が活性化され、写経の効果が高まる効果が期待できるのです。

 

思考停止状態でダラダラ写経しても収穫は少ない

   

 

書経の効果を高めるうえで重要なのが「分析」です。

ここでいう分析とは、書経する文章の書き手の狙いや、この文章がいいなと思った理由などを深く掘り下げることを指します。

・なぜ、「いいな」と思ったのか、心が動いた理由を考える。

・なぜ、このような伝え方をしているのか、書き手の “狙い” を考える。

・なぜ、この文章は読んでいて心地いいのか、理由を考える。

って感じです。

 

たとえば、「心地よさ」の理由を掘り下げていくと、

・「一文の文字数が長すぎなくて読みやすい」

・「一文の漢字・カタカナ・ひらがなのバランス比率が適切」

・「流行の新語や専門用語を多用せず、一般的で身近な言葉に言い換えて、誰が読んでも伝わるように配慮している」

などが挙げられます。

 

分析で大切なのは何が正解かではなく、自分なりの推論を立てること。書き手の思惑を想像しながら文章を追い、自分の言葉として書き写していくイメージです。

「写経と分析をセット」で行うと、たとえば記事内で使われている見出しのフォントや適当に選んでいるように見えるイメージ画像ひとつとっても、さまざまな意図が込められていることに気づきます。

逆に、何も見つけられない、違和感しかない文章は、ただの “悪文” の可能性があるため、写経の題材としては微妙かもですね。

写経は思考停止した状態でダラダラやっても得られるものは少ないので、分析とセットで行うのが重要です。

 

写経のやり方に正解はあるの?

   

 

自分的にやりやすくて、身についてる実感を得られるやり方で行うのが正解といえますが、参考までに私のやり方を紹介しておきます。

まずは対象の文章を1回黙読します。次に1回音読します。それから音読しながら、実際に書き写していきます。

意識しているのは、目・手・耳・口を同時に動かすこと。身体を使って運動的に書経することで効果をより高めるのです。

 

また、脳は「重要ではない情報」は忘れるようにできています。脳が「これは重要な情報だ。記憶しておこう」と判断するのは、何度もくり返して使われるような情報です。

そのため、「音読5回 × 写経5回」を1セットでやり、1週間後にもう1セット。その2週間後にもう1セット。計15回の写経を目処としています。

「そんなにやるの?」と思うかもですが、わたしの場合は5回くり返したあたりから、その文章に宿る独特のリズムや文体(スタイル)を体感的につかめてくる感があります。

そこから自分の文章として実際にアウトプットまでできるようになるまで、もう10回って感じなんですよね。

反復すればいいってものじゃないですが、「継続は力なり」ともいいます。要するに、自分的に「身につきやすい」と感じられるやり方を貫きましょうって話ですね。

   

写経の題材はどんなものがいい?

 

 

基本的には、自分が読んでいて「心地よい」と感じられる文章を選べばよいかと。

写経ってぶっちゃけ飽きてきます。なので自分好みの文章を題材にしたほうがモチベーションも維持しやすいですし、習慣化しやすいといえます。

ちなみにセールスレターやPR文章といったビジネス向きの文章力を強化していきたいなら、「スワイプファイル」の写経がいいかもです。

スワイプファイルとは、たとえば、ロバート・コリアー氏の『オールウェザーコート』とか『O・ヘンリー短編集』のような実際に商業的な成果を上げているセールスレターのことです。

「どっちも知らんぞ」という人は、『伝説のコピーライティング実践バイブル―史上最も売れる言葉を生み出した男の成功事例269』(神田昌典 著)という本で学ぶのがおすすめ。上記スワイプファイルの詳しい分析、解説がされているので、 “売れる文章の型” を捉えやすいと思います。

 

 

お値段は少しお高めですが、セールスライティングのスキルを磨くうえでも間違いない一冊なので。

 

ただし商業的な成果を出している名文であっても、あなたの目的や書きたい文体(スタイル)と合わない場合、必ずしも写経する必要はありません。

言葉や表現の「引き出し」を増やすことにはつながるでしょうが、「こういうのを書きたいわけじゃない」と思いながら写経をしてもあまり染み込まないからです。

それよりは「読者としての自分が心がときめいたから」で写経の題材を選ぶほうが納得感があり、分析もしやすいと思いますよ。

 

個人的にオススメの写経しやすいライトな題材3つ

 

文章量が短いライトな題材で、個人的におすすめの3つを紹介しておきます。 

①:読売新聞のコラム『編集手帳』

②:クロネコ屋の無料メルマガ講座PR文章

③:Slackのリリースノート

 

①:読売新聞のコラム『編集手帳』

 

 

わたしは一時期、新聞のコラム写経をよくやってました。時事ネタから暮らしの話題まで内容が豊富で飽きにくく、語彙力を増やすトレーニングとしても◎です。

朝日新聞の『天声人語」でも毎日新聞の『余録』でも好みでいいですが、個人的に推したいのは読売新聞の『編集手帳』です。

編集手帳で扱う題材は身近なものが多く、エッセイのように読みやすいので感情移入がしやすい。「老若男女に伝わる文章」を学ぶのにうってつけな題材だと思います。

あと文字数が460文字と他紙よりも若干短いです。文字数が短いぶん、より高度な構成力・要約力・文章力が要求されるので文章の密度も「濃い」と感じますね。

写経はいきなり長文から挑むと早期脱落するので、まずは文章量が短いライトな題材から入っていったほうが習慣化もしやすいと思います。

編集手帳を読むには購読(有料)する必要があるので、まずは本(傑作選)を試し読みしてみて、「これなら続けられそう」と思えたら検討してみるのがよいかと。

 

>> 読売新聞コラム 竹内政明の「編集手帳」傑作選 Kindle版

 

②:クロネコ屋の無料メルマガ講座PR文章

 

続いて紹介するのは、元作家のブロガー・経営者・マーケターのクロネコ屋さんが、自身の公式ブログ内で紹介されている無料メルマガ講座 のPR文章です。

   

 

随所にセールスライティングが施されており、「マジで稼げそう」と想像を掻き立てられます。

わたしは一読したあと、流れるようにメルマガを購読してました(笑)

以下、ブログからの一部引用です。(全文確認は公式ブログからどうぞ)

 

【PR】無料メルマガ講座はじめました

 

最小限の努力でお金持ちになれる方法を知りたいですか?

お金持ちになるには、働かずとも得られる収入「不労所得」が必要です。多くの人は不動産や株式の配当金で不労所得を稼ごうと努力しますが、もっと気軽に――かつ、低コストで稼げる不労所得がございます。

それが「稼げるブログを作る」という方法です。

ブログは高い固定費を必要としません。月1000円弱のサーバー代さえあれば、誰でも月100万以上を稼げるメディアを持つ事が出来る、個人起業にもっとも適したビジネスです。

しかし、初心者がブログで稼ぐのは容易ではありません。昨今はSNSも育てなければならず、不労所得への道のりは複雑化しています。

そこで、ブログ×SNS戦略で2億円を稼いだ私が「稼げるブログの作り方」を1から教える【無料メルマガ講座】で学びましょう

今メルマガに登録すると、1200円相当の有料講座を無料プレゼントでもらえます。

無料登録するだけで”タダ”でもらえるので、このチャンスにぜひ稼げる情報を0円でGetして下さい。

(中略)

>> クロネコ屋さんの公式ブログで全文を読む

 

所:クロネコ屋の超ブログ術【PR】無料メルマガ講座はじめました

 

注目ポイントをいくつか挙げてみましょう。まず、「最小限の努力でお金持ちになれる方法を知りたいですか?」という切り口が秀逸です。

「問いかけ」の型で入ると、読み手は「私に向かって話している」となり、当事者意識が高まります。

すると相手の話を聞こうとする態勢を整えることから、自然と聞く耳をもってもらいやすくなるのです。

 

次に、「最小限の努力で」と強調している部分ですね。これは一定量の努力は必要としつつも、「頑張りすぎなくても成功する」を前提 とした伝え方です。

人は、お金持ちにはなりたいけど、「難しいならやらない」「面倒くさい方法ならやらない」を選択する生き物です。

要するに、現状維持バイアス強めな人の心理的負担を下げる のに、「最小限の努力で」は効果的なフレーズといえますね。

 

続いて、「お金持ちになれる方法を知りたいですか?」という部分です。

食い気味で「Yes!」って答えたくなるような問いかけですが、ここで狙っているのは「YES誘導話法」という心理効果です。

人は相手に「Yes」と賛同するような態度を最初に示したあとには、心理的に「No」と言いづらくなります。

そのため、意図的に「Yes」と答えやすい質問をしておくことで、続きが読まれやすくなる確率を高めるのです。

 

また、以下の文言にも注目です。

無料登録するだけで”タダ”でもらえるので、このチャンスにぜひ稼げる情報を0円でGetして下さい。

所:クロネコ屋の超ブログ術【PR】無料メルマガ講座はじめました

この一文のなかにある「無料」というワードを、無料・タダ・0円の3つの言い回しで伝えていることにすぐに気づきましたか?

人は「無料」という言葉に弱く、同義の「タダ」「0円」も目を引きやすいワードです。

「タダ」にはキャッチーな響きがあり、読み手の心理的負担を下げる効果が期待できます。「0円」には「1円もかからない」「損は絶対しない」といった “安心” のニュアンスを色濃く感じられます。

「無料」の単発ワードでは反応されなくても、「タダ」「0円」などと言い回しを変えて、おトク感や安心感につながるニュアンスをよりもたせれば、反応する人は確実に増えるでしょう。

 

A8.net(ASP)などに登録してアフィリエイトブログを書くための文章力を磨いていきたいなら、クロネコ屋さんのブログ を題材に写経するのが近道かもしれませんね。

>> クロネコ屋さんの「無料メルマガ講座」の案内ページはこちら

 

③:Slackのリリースノート

 

最後に紹介するのが、Slackのリリースノートです。

リリースノートとは、新しいソフトウェア(の版)を提供する際に公表される、以前の版からの変更点(不具合の修正点、利用上の注意点など)をまとめた資料のことです。

このSlackのリリースノートが脚光を浴びるきっかけになったのが、Twitterユーザー K S Y(@qea_tokyo)さんのツイートです。

 

 

以下、ツイートの引用文ママです。

お待たせしました!ついに、モバイル版アプリでもU Iを大幅にアップデート!

ここでは、改善点や何が新しくなったのかをかいつまんでご紹介します。より詳しくは、ヘルプセンターや、SlackHQ.comのブログをチェックしてみてください。

新着情報

・さて、では何が新しくなったのか、簡単にいえば「ほとんど」です。ほぼすべてをより使いやすく改善しました!

バグ修正

・最大の改善点は、アプリの画面下部のナビゲーションバーから、チャンネルリストを表示する画面、ダイレクトメッセージ、メンションとリアクション、そして自分の設定ページへ素早く移動できるようにしたことです。これによって、ユーザーの皆さんが最もよく行う4つの操作、「チャンネル移動」「DMチェック」「メンションや絵文字リアクションのチェック」そして「設定変更」がよりスムーズ&簡単になりました!🙌

・とても便利なデスクトップアプリのクイックスイッチャーですが、リサーチの結果、モバイルではあまり使われていないことが判明。そこで、モバイルでは「別の会話へ移動」ボックスを見やすいところへ移動しました。ちょっとチャンネル移動がしやすくなっているとうれしいです。

・モバイル版にも「新規メッセージ作成ボタン」が登場。画面の右下あたりに、何やら見慣れない緑のアイコンをみつけたら、まさにそれです!ぜひ使ってみてください。

・モバイルアプリで、リマインダーを設定したり、ワークフローやアプリにアクセスしにくい!といったお困りの声にお答えして、モバイル版でも「ショートカット」ボタンが使えるようになりました。チャンネルやDMのメッセージボックスの下の「稲妻アイコン」をタップしてみてください。

・以前のアプリでは、左右にスワイプ操作が多く、ちょっとわかりづらかったかと思います。これをもっとシンプルに改善!これからは「右スワイプでワークスペースメニュー、左スワイプで直近の会話を表示」。覚えやすいですね!

・最後に。皆さんには、今回の大幅なアップデートによって、違和感を感じられたり、せっかく覚えた操作をまた覚え直したりと、ご不便をおかけすることになるかと思います。申しわけありません!ですが、これまで継ぎ接ぎのように改善や機能の追加を繰り返した結果、使いにくくなってきていた点があり、それを思い切って改善する必要があったことをご理解いただけたらと思います。この大きな決断の背景にご興味がありましたら、ぜひブログをチェックしてみてください。また、新しくなったUIに関するフィードバックもお待ちしています!

【引用元】KSYさん(@qea_tokyo)さんのTwitter投稿文(20200513)より

 

まず概要がめっちゃわかりやすい。事情・背景がちゃんとあってのアップデートであることが明確ですし、専門知識がない人でも理解しやすいように平易な言葉を選んでくれているのがわかります。

「なるほど! そういうことなら全然いいよ! 開発してくれてありがとう!」って感じでお礼を言いたくなります(笑)

一般的にリリースノートというものは、書き手・自社視点で書かれた「Meメッセージ」です。言い方は悪いですが、「書き手都合の情報を事務的に送りつける文章」というイメージがあったので、こんなにも伝わってくるリリースノートは衝撃でしたね。

そして、このリリースノートのスゴさを、UXライター・コピーライターのnaoさん が、ご自身のnote内で的確に分析し解説されています。

 

 

>> SlackのUXライティングが名文だったので写経した (naoさんのnote)

受け入りの情報で恐縮ですが、私はこちらを一読したあと速攻で写経しました。ぜひリンク先からチェックしてみてくださいね。

naoさんがポイントに挙げていたのが、共感・理由・人格 の3点。ここにフォーカスして改めて読んでみると、このリリースノートがいかにユーザー視点を慮った “Youメッセージ” であるかがわかるはずです。

naoさんクラスの観察眼をもって分析するのは簡単じゃないですが、「写経 × 分析」で得られる気づきは圧倒的に増えますよ。

  

最後に。写経はくれぐれも思考停止した状態でダラダラとやらないでください。それだとタイピングの練習になっちゃいますよ。

文章力の向上をはかるために写経を活用するのなら、「分析とセット」を意識してやってみてくださいね。

 

 こちらの記事も何気に読まれています!

 

ABOUT US
HiraQ編集者/WEBライター/WEBデザイナー
都内の某広告代理店に勤務。Web広告の編集やライティング、デザインに従事。当サイト(Writehack.-ライトハックドット-)では主に、Webライターやブロガー、Webデザイナーに役立つ記事をゆるく発信してます。山梨出身でいて座のO型、猫派。サッカー好きのPSGサポです。