写経は「分析とセット」で文章力が上がる!【意味あるか?と思ってる人にほど推したい】

 

某広告代理店で編集者兼ライターをしているHiraQです。

たまにライティング初心者や新卒の方から、「文章力を上げるにはどうしたらいいですか?」と訊かれることがあります。

いろいろなアプローチがありますが、わたしは「写経(写筆)」を勧めることが多いです。

 

でも「写経がいいよ」とかいうと、、、

 

それよく聞くけど、本当に意味あります?

 

としぶい顔をされることが多い(笑)

 

本記事は、

・「写経って本当に意味あるの?」

・「そもそもなんで写経すると文章力がつくの??」

・「だったら効果的な写経のやり方を教えてよ!」

という方向けに書きました。

 

「ブログやセールスの文章を書くための文章力を上げたい!」と思っているあなたの一助になれば幸いです。

 

 

他者の文章を書き写すことで、その文章に宿る独特のリズムや文体(スタイル)を体感的に捉えられる

 

 

写経とは、キャッチコピーやセールスレター、書籍やWebサイトなどの文章を書き写すことです。

他者が書いた文章を書き写すことにより、その文章に宿る独特のリズムや文体(スタイル)を体感的に捉えることができます。

理屈・理論で文章の書き方を学ぶというより、「身体で感じ取って覚える」運動的なニュアンスが近いと思います。

 

写経で文章は上手くなるのか?

 

 

個人的に文章力を鍛えるのに有効なトレーニングの一つだと思ってますので、「やる意味あるか?」って人にほど推したいです。

と言っても、文豪の名文や有名なセールスコピーを書き写しても、飛躍駅に文章の技術力や表現力が飛向上するってものではありません。

ただし、「読んでいて気持ちいいなぁ」とか「頭にスイスイ入ってくるなぁ」とか「情景が目に浮かぶなぁ」などと感じられるすぐれた文章を書き写すことには、以下のようなメリットがあると思ってます。

 

①:自分の書きグセや欠点に気づける

他者のすぐれた文章を書き写すことで、「自分だったらこうは書かない。もっと適当に書いてしまいそう」といった気づきを得られ、反省ができる。

②:すぐれた文章に宿る “独特のリズム” を覚えられる

すぐれた文章の多くは、句読点の位置や改行のタイミングが絶妙で、語尾・文末表現も豊かです。そうした文章を書き写してみると、自分が普段書いている文章にない “独特なリズム” が宿っていることに気づきます。それが文章改善のヒントにつながったりする。

 

自分の文章の過不足にも気づきやすくなることで、「もっと上手な書き方があるのではないか?」とワンランク上の文章をおのずと目指すようになります。

すぐれた文章に宿るリズムや改行の位置やタイミング、語尾・文末表現などは、実際に書き写してみたほうが、より体感的に学ぶことができます。

そうすることで「引き出し」も増えていくので、結果的に「写経で文章力が向上する」につながっていくと思うのです。

 

書き写す方法は、手書きorタイピングどっちがいい? → どちらでもOK

 

 

書き写しの方法は、ノートに手書きでもパソコン入力でもどちらでもOKです。

ちなみに手書きの場合、RAS(脳幹網様体賦活系)を活性化させて注意力・集中力を高める効果があり、記憶にも定着しやすくなるそうです。

余裕があればパソコン、手書きの両方できるといいですね。

 

また、文章を書き写すときは頭の中でも文章を読んでいますが、音読しながらやると効果的です。

「手を動かす」と「口を動かす」を同時に行うことにより、運動的記憶がより強力になり、前頭前野(記憶や思考、判断などを司る部分)が活性化して写経の効果を高める効果が期待できます。

 

写経は「分析」が重要。思考停止状態でやっても得られるものは少ない

   

 

効果的な写経を行うために重要なのが「分析」です。

ここでいう分析とは、書き写す対象の文章を読んで、書き手の狙いやあなたがいいなと感じた文章表現がもたらしている役割(効果)を推論してみる ことです。

たとえば、

  

・なぜ、「いいな」と思えたのか?

自分の心が動いた理由を考える

 

・なぜ、このような伝え方にしているのだろう?

書き手の狙いを考える

 

・なぜ、この文章は読んでいて気持ちいいのか?

たとえば一文の長さ、句読点や改行の位置、漢字・カタカナ・ひらがなの比率、改行のタイミングなどに注目してみる

・なぜ、この文章は「わかりやすい」と感じるのか?

(たとえば構成や論理展開、言い回し(難しい専門用語を極力使わず、なるべく一般的で簡易な言葉に言い換えているとか)、身近な例を挙げたレトリックなどに注目してみる

 

「これが正解」というものはなく、推論を立てることに意義があります。

書き手の思惑を想像しながら文章を追い、実際に書き写してみると、たとえば文章内のフォントや使用画像ひとつからも「そういう狙いがあったのか!」という部分が見えてきたりします。

思考停止状態でダラダラ文章を書き写しても得られるものは少ないです。写経は分析とセットで行うことが重要なのです。

 

写経のやり方に正解はあるの?

   

 

絶対的な正解というものはないですが、参考までに私のやり方を紹介します。

まずは対象の文章を1回黙読します。

次に1回音読します。

次に音読しながら、実際に書き写していきます。

目で文字を追い、手を動かし、口でも出す。身体を使って運動的に行うことで写経の効果は高まります。

 

ただ人間の脳というものは、「重要ではない情報」は忘れるようにできています。

脳が「これは重要な情報だから忘れちゃまずい!」と判断するのは、何度もくり返し使われる情報です。

そこでわたしは「音読5回 × 写経5回」を1セットやります。そして1週間後にまた1セット、2週間後にまた1セット。計15回くらいやる感じです。

「そんなに?」と思うかもですが、わたしの場合は5回くり返したあたりから、すぐれた文章に宿る独特のリズムや文体(スタイル)がつかめてくる実感があります。

そこから自分の文章としてアウトプットできるようになるまで、もう10回といった感じなんですよね。

なんでも反復すればいいってものじゃないでしょうが、「継続は力なり」ともいいますし、自分的に「身につきやすい」と感じられるやり方を徹底しようって話ですね。

   

写経の題材はどんなものがいい? → 自分好みで選んでOK

 

 

基本的に自分が読んでいて「気持ちいい」とか「タメになるな」とかを感じられる文章がいいかと思います。

写経ってぶっちゃけ飽きます。続けるためにも「自分好みの文章」を題材にしたほうがモチベーションを維持しやすいかと。

ちなみにセールスレターやPR広告文といったビジネス向きの文章力を上げていきたいなら、ロバート・コリアー氏の『オールウェザーコート』や『O・ヘンリー短編集』といった、いわゆる「スワイプファイル」といわれる “売れる文章の型” を題材にしたほうが、より実戦向けかもです。

「どっちも知らんぞ?」という方は、『伝説のコピーライティング実践バイブル―史上最も売れる言葉を生み出した男の成功事例269』(神田昌典 著)という本がおすすめ。詳しい分析・解説がされていてわかりやすいです。

少しお高めですが、セールスライティングのスキルを磨くうえで、購入しておいて損はない一冊ですよ。

 

 

 

ただし、あなたが書きたい文体(スタイル)や目的に合ってない場合、商業的成果を出している名文だからといって、必ずしも写経する必要はないと思います。

「引き出し」を増やすことにはつながると思いますが、「こういうのを書きたいわけじゃないんだよな」と思いながらやっても、あまり染み込んでこないからです。

それなら「読者としての自分が心がときめいたから」で題材を選ぶほうが納得感も高いでしょうし、分析もしやすいと思いますよ。

 

個人的にオススメの写経しやすいライトな題材3つ

 

文章量が短いもので3つ紹介しておきます。 

①:読売新聞のコラム『編集手帳』

②:クロネコ屋の無料メルマガ講座PR文章

③:Slackのリリースノート

 

①:読売新聞のコラム『編集手帳』

 

 

わたしは一時期、新聞のコラム写経をよくやってました。

語彙力を増やせますし、時事ネタから暮らしの話題まで内容が豊富なので「飽きにくい」のもポイントです。

朝日新聞の『天声人語」や毎日新聞の『余録』など好きなものでいいのですが、個人的には読売新聞の『編集手帳』を推します。

編集手帳で扱う題材は身近なものが多く、感情移入がしやすい。また、エッセイのように読みやすく、文字数も460文字と他紙より短いです。

文字数が短いぶん、高度な構成力・要約力・文章力が要求されることから密度が濃い。「老若男女に伝わる文章」を学ぶのにうってつけの題材だと思います。

 

いきなり長文から挑むと大半は脱落しますので、短くライトな題材から入っていったほうが、写経習慣も身につきやすいでしょう。

編集手帳を読むには購読(有料)が必要です。まずは本(傑作選)で試し読みしてみて、「これならやれそうだな」と思えたら検討してみてはどうでしょうか。

 

>> 読売新聞コラム 竹内政明の「編集手帳」傑作選 Kindle版

 

②:クロネコ屋の無料メルマガ講座PR文章

 

続いて紹介するのは、元作家のブロガー・経営者・マーケターのクロネコ屋さんが、自身の公式ブログ内で紹介されている無料メルマガ講座 のPR文章です。

   

 

随所にセールスライティングが施されており、「マジで稼げそう」と想像を掻き立てられます。

わたしは一読したあと、流れるようにメルマガを購読してました(笑)

以下、ブログからの一部引用です。(全文確認は公式ブログからどうぞ)

 

【PR】無料メルマガ講座はじめました

 

最小限の努力でお金持ちになれる方法を知りたいですか?

お金持ちになるには、働かずとも得られる収入「不労所得」が必要です。多くの人は不動産や株式の配当金で不労所得を稼ごうと努力しますが、もっと気軽に――かつ、低コストで稼げる不労所得がございます。

それが「稼げるブログを作る」という方法です。

ブログは高い固定費を必要としません。月1000円弱のサーバー代さえあれば、誰でも月100万以上を稼げるメディアを持つ事が出来る、個人起業にもっとも適したビジネスです。

しかし、初心者がブログで稼ぐのは容易ではありません。昨今はSNSも育てなければならず、不労所得への道のりは複雑化しています。

そこで、ブログ×SNS戦略で2億円を稼いだ私が「稼げるブログの作り方」を1から教える【無料メルマガ講座】で学びましょう

今メルマガに登録すると、1200円相当の有料講座を無料プレゼントでもらえます。

無料登録するだけで”タダ”でもらえるので、このチャンスにぜひ稼げる情報を0円でGetして下さい。

(中略)

>> クロネコ屋さんの公式ブログで全文を読む

 

所:クロネコ屋の超ブログ術【PR】無料メルマガ講座はじめました

 

注目ポイントをいくつか挙げてみます。

まず秀逸なのが、「最小限の努力でお金持ちになれる方法を知りたいですか?」という切り口ですね。

人は問いかけられると、「私に向かって話している」と当事者意識が強くなり、自然と相手の話を聞く態勢を整えようとします。

 

つぎに「最小限の努力で」と強調している部分です。これは「頑張りすぎなくても成功する」ことを前提 とした伝え方です。

こうすると「お金持ちにはなりたいけど、難しいならやらない」「面倒くさい方法ならやらない」といった 現状維持バイアスが強めな人の心理的負担を下げる のに効果的です。

 

続いて、「最小限の努力でお金持ちになれる方法を知りたいですか?」という部分です。

食い気味で「Yes!」って答えたくなるような問いかけですが、ここで狙っているのは「YES誘導話法」という心理効果です。

人は相手に「Yes」と賛同するような態度を最初に示したあとでは、心理的に「No」と言いづらくなります。

意図的に「Yes」と答えやすい質問を投げかけることで、続きを読み進めてもらいやすくなる確率が高まるのです。

 

また、以下の文言にもご注目ください。

無料登録するだけで”タダ”でもらえるので、このチャンスにぜひ稼げる情報を0円でGetして下さい。

所:クロネコ屋の超ブログ術【PR】無料メルマガ講座はじめました

 

「無料」というワードを、「無料」「タダ」「0円」の3つの言葉で言い換えている ことにすぐに気づきましたか?

人は「無料」という言葉に弱い。同じ意味である「タダ」「0円」も目を引くワードです。

「タダ」にはキャッチーな響きがありますし、読み手の心理的負担を下げる効果が期待できます。

「0円」からは「1円もかからない」「損は絶対しない」といった “安心” のニュアンスが含まれる感があります。

「無料」の単発では反応しにくい相手でも、「タダ」「0円」などおトクや安心感につながるワードを畳みかけられると、振り返る人は確実に増えます。

このように言い回しを少し変えるだけでも、相手の興味・関心をより高めることができるでしょう。

 

A8.net(ASP)』などに登録してアフィリエイトブログを書くための文章力を磨いていきたいなら、クロネコ屋さんのブログ を題材に写経すると近道かもしれません。

>> クロネコ屋さんの「無料メルマガ講座」の案内ページはこちら

 

③:Slackのリリースノート

 

最後に紹介するのが、Slackのリリースノートです。

リリースノートとは、新しいソフトウェア(の版)を提供する際に公表される、以前の版からの変更点(不具合の修正点、利用上の注意点など)をまとめた資料のことを指します。

Slackのリリースノートが脚光を浴びるきっかけになったのが、Twitterユーザー K S Y(@qea_tokyo)さんのツイートです。

 

 

そして、このリリースノートのスゴさを、UXライター・コピーライターのnaoさん が的確な分析でわかりやすく解説されていました。

 

 

>> SlackのUXライティングが名文だったので写経した (naoさんのnote)

 

受け入りの情報で恐縮ですが、私はこちらを一読したあと速攻で写経しました。

naoさんがポイントに挙げていたのが、共感・理由・人格 の3点です。

naoさんのnote を読みながらここにフォーカスすると、いかにこのリリースノートがユーザー視点と気持ちを慮って書かれた「Youメッセージ」であるのか理解できると思います。

 

一般的にリリースノートは、自分・自社視点で書かれた「Meメッセージ」です。

わたしも「事務的に情報を送ってるだけの文章」のイメージが強かったので、こんなにも “伝わる” リリースノートは衝撃でしたね。

naoさんクラスの観察眼をもって推論・仮説を立てることは難しいですが、「写経 × 分析」によって、得られる気づきは圧倒的に増えるはずです。

 

思考停止した状態でダラダラと写経しても得るものは少ないです。それだと単なるタイピングの練習になっちゃうので。

文章力の向上のために写経を考えているなら、分析とセットで行うことを意識しながらやってみてくださいね。

 

 こちらの記事もよく読まれています!

 

ABOUT US
HiraQ編集者/WEBライター/WEBデザイナー
都内の某広告代理店に勤務。Web広告の編集やライティング、デザインに従事。ブログでは主に、Webライターやブロガー、Webデザイナーに役立つ記事をゆるく発信してます。出身は山梨、いて座のO型、猫派。サッカー好きのPSGサポです。