デザイナーへの依頼をほぼ失敗0にする方法【デザイン外注が苦手なあなたへ】

 

クラウドソーシングサイト経由でデザイン制作を依頼したら、、、

「イメージと違うものを納品された」

「依頼書は書いたのに修正回数が多すぎる」

なんて失敗した経験はありませんか?

 

某広告代理店で、WebデザイナーをしているHiraQです。

社内にデザイン制作部はありますが、案件によってはランサーズ ココナラクラウドワークスBizseek などクラウドソーシングサイト経由で、外部のデザイナーに発注することがあります。

 

普段よく使うのは、「得意を売り買いココナラ ~♪」でおなじみののココナラです。

過去にココナラで依頼したデザイナーから、イメージと違うものを納品された、納期に間に合わなかった、といった失敗経験はありません。

でも、、、 

デザイン外注が苦手な人

・納品物がイメージと違う……

・なんでこんなに修正かさむの? 期日に間に合わないよ……

・依頼書は書いてるのに全然伝わってないって何なの……

 

といった声はわりとよく聞きます。

これらは大抵、デザイナー(受注側)ではなくディレクター(発注側)の依頼のやり方に問題があるのだと思います。

そこで本記事では、外部デザイナーへの依頼を「ほぼ毎回修正ゼロ」で済ませている私が、気をつけているポイントを5つ紹介します。

デザイン外注に苦手意識があるあなたの、問題解決の一助になればうれしいです。

 

 

デザイナーへの依頼を「ほぼ失敗ゼロ」にする方法【ポイントは5つ】

  1. 発注側と受注側の“感覚”をすり合わせる
  2. スケジュールに余裕をもつ
  3. レスポンスは早く
  4. 作業に迷いそうな要素はできるだけ減らす
  5. 疑問出しをしやすい空気にしておく

一つずつ深掘りしていきますね。

①:発注側と受注側の“感覚”をすり合わせる

 

 

あなたは、「いい感じにして」「クールな感じで」「大人っぽい感じで」のような、ふわっとした伝え方をしていませんか?

言葉から連想するイメージ・感覚は人によって違うので、曖昧な言い方をすればするほど、認識ズレは起きやすくなります。

これを防ぐには、発注側と受注側の“感覚”のすり合わせが大切です。

具体的には、以下のような点を意識してみてください。

 

  • 「○○な感じ」ではなく、できるだけ具体的に噛み砕いて伝える。
  • ロゴやバナー制作などの場合、『Pinterest』やGoogle画像検索でイメージと近いものを提示する。伝わりにくい部分に関しては言葉で補足する。
  • 過去の制作物をデザイナーと共有する。こちらの好み・テイストをつかんでもらうことで、納品物のイメージがしやすくなる。
  • 本職のデザイナーと営業マンなどの依頼側とでは、専門用語による解釈ズレが起きやすい。なるべく使わないか、認識がズレてないかを都度確認しながら進めるのがベター。

 

「いやいや、こんなの当たり前じゃん」と思ったかもですが、意外と雑になりがちな部分だったりします。

納品物のイメージが鮮明になることで、デザイナーはターゲット層のイメージもつかみやすくなるのでかなり助かるものですよ。

 

②:スケジュールに余裕を持つ

 

 

まず発注者が考えている以上に、デザイン制作は時間がかかるものです。

「時間をかければクオリティは高くなる」ってほど単純ではないですが、かけられる期間が短ければ、質は落ちる傾向があります。

クリエイティブの質を担保するには、制作スケジュールに余裕をもたせることが大切です。想定外の修正が発生した場合も、慌てずに対処できます。

また、「修正は何回まで対応できるのか?」「追加修正の場合、料金は別途かかるか?」「その場合、工数はどう変動するのか?」といった依頼予定に入ってないケースも想定したうえで、デザイナーと共有しましょう。

このような認識を合わせておくことは、クリエイティブの質を高めるのはもちろん、信頼性を築くうえでも大切なことですよね。

 

✔ 修正対応が無料化有料かは、デザイナーによって違います。「修正は3回まで」の人もいれば、無制限という人もいます。

このあたりの取り決めが曖昧だったり、ケースバイケースだったりすると、高確率でスケジュールが狂い、予算オーバーになります。

受注前にこの辺りを曖昧にせず、先回りして説明してくれるデザイナーは信頼できると思います。

 

③: レスポンスは早く

 

人気のあるデザイナーは、別案件を掛け持ちしていることがほとんどです。

実際、スケジューリングがカツカツだったりするので、提案や納品をした後で発注者からのリアクションがないと非常にモヤります。

・まだ見てもらえてないのかな……

・気に入らなくてガッカリさせてしまったのかな……

・まさかキャンセルしたいってことはないよね……

 

稟議中などで保留にしている場合でも、納品物は確認済みであることはしっかりと伝えておきましょう。

あなた的にはスケジュールに余裕を持たせているつもりでも、進捗がわからないことにはデザイナーは予測を立てられません。すると反応・対応も遅れがちになります。

「コミュニケーションコストをなるべくかけたくない」というのもあるでしょうが、あらかじめ連絡可能な時間帯を決めておくなどすれば、レスポンスの煩わしさを感じることってそんなにないはずです。

 

④:作業に迷いそうな要素はできるだけ減ら

依頼書のボリュームは多すぎても少なすぎてもよくないですが、重要なことは「過不足なく伝える」ということです。

といってもシンプルな話です。デザイナーが作業に少しでも迷いそうな要素を、極力減らしてあげれば良いのです。

特にNG事項などは細かすぎるくらいが親切です。

 

もし納品物のイメージがぼんやりとしている場合、デザイナーに正直に伝えて、相談しながら進めるのもいいと思います。

経験豊富なデザイナーのアドバイスは参考になります。別パターンや新しい切り口を提案してもらえたりで、工数の時短になったりすることもあります。

 

⑤: 疑問出しをしやすい空気にしておく

 

 

技術と実績は◎だけど、ヒアリング能力は△というデザイナーもわりといます。

そこでオススメなのが、依頼書の末尾に下記のようなコメントを添えて、疑問出しをしやすい空気にしておくことです。

✔ 疑問や不安に思ったことがありましたら、些細なことでも全然構いませんので、遠慮なくメッセージをくださいね!

 

仕事をするうえで、コミュニケーションが円滑なのに越したことはありません。初めてやりとりする相手ならなおさらですよね。

相手をリスペクトしていれば、「自分が仕事を受ける立場なら、どうしてもらたら助かるか?」をおのずと想像できます。

そうしたスタンスでいる人は依頼の精度が高いため、納品物の質やスピードに差が出て区るものです。

極論、すべての商いは、人と人のコミュニケーションで成り立っています。発注側から歩み寄ろうとしなければ、デザイナーも同じ方向を向いて作業に専念できないのです。

 

広告代理店のWebデザイナーの私が使う、おすすめのクラウドソーシングサイト4社

 

最後に、某広告代理店のWebデザイナーの私が実践で得た知見からオススメしたい、クラウドソーシングサイト4社を紹介して記事を終えます。 

①:ランサーズ(Lancers)

✔ ベンチャーから大手企業まで利用実績は350,000社以上と圧倒的。日本最大級のクラウドソーシングサイトです。

クライアント(発注者)とランサー(受注者)が匿名で、サイト制作からシステム開発、デザイン、コピーライティングまでさまざまな仕事の依頼・提案ができます。

初めての外注なら、ランサーズで感覚を使むのがオススメですね。

>> 【ランサーズ】日本最大級のお仕事発注サイト!

 

②:Coconala(ココナラ

✔ サービスカテゴリ200種類以上、サービス出品数30万件以上、累計取引件数350万件以上。会員数130万人を超える日本最大級のスキルマーケットです。

イラストやロゴ、名刺のデザイン、Webサイトの制作から恋愛相談に本格占いまで、あらゆるジャンルのスキルや知識、経験を売り買いできます。

>> ココナラのクリエイターに依頼する

 

ちなみに管理人のプロフィール画像は、ココナラで制作してもらいました。

※ 実物よりカッコ良く
描いてもらえた笑

イラスト1点の相場ってだいたい2,000円~3,000円ですが、1,000円の激安価格でした😊

 

③:Crowd Works(クラウドワークス)

✔ 大企業や政府をはじめ、70万社以上が利用する日本最大級のクラウドソーシングサイト。

クライアント(発注者)ならびメンバー(受注者)双方の質や使い勝手、コミュニケーションのしやすさなど総合的にバランスが良いです。

案件はプロ向けの内容から、スキル不問の初心者向けまで豊富に揃っています。

>> 【シェアNo.1】どんな仕事も、簡単ネット発注

 

④: Bizseek(ビズシーク)

他社よりもひと回り安い手数料が特徴です。仮払い・成果報酬制度を採用しており、やりとりにはBizseekを通すため、安心・確実な報酬の受け渡しができます。

ネットでのやりとりは予期せぬトラブルにつながることも多いので、外注が不慣れな人にも使いやすいと思います。

依頼案件もシステム開発からデザイン制作、Webライティング、軽作業まで計50種類以上と幅広く対応してますよ。

>> ライティングからサイト制作まで【Bizseek】

 

ご精読ありがとうございました。

デザイン外注で失敗したくないあなたの一助になればうれしいです。

 

コチラの記事もよく読まれています!

 

 

 

ABOUT US
HiraQ編集者/WEBライター/WEBデザイナー
都内の某広告代理店に勤務。Web広告の編集やライティング、デザインに従事。ブログでは主に、Webライターやブロガー、Webデザイナーに役立つ記事をゆるく発信してます。出身は山梨、いて座のO型、猫派。サッカー好きのPSGサポです。