【レビュー】Bose QuietComfort Earbuds を1年使ってみた【結果/仕事・勉強に支障が出る】

 

2年ほど前から『Bose QuietComfort Earbuds 』をメインで使っています。

控えめに言って、ノイズキャンセリング性能が神。ノイキャンイヤホンが高性能だと生産性も全然違ってきます。

 

【画像出典】Bose公式サイト

 

今やコレなしでは、仕事や勉強に支障をきたすほど。

 

 

» Bose QuietComfort Earbuds(アマゾンで価格をチェックする)

 

わたしはノイズキャンセリングを複数台所有していますが、『Bose QuietComfort Earbuds』をメインで使う理由は主に4つです。

   

① :ノイズキャンセリングの強度を微調整できる

② :イヤホンタップでノイズキャンセリングの切り替えができる

③ :オンライン会議でも大活躍の通話品質

④ :一瞬で「精神と時の部屋状態。ノマドワークがはかどる

 

本記事は、ノイズキャンセリングイヤホンの購入を検討中で、

「『Bose QuietComfort Earbuds』がよさげで気になるんだよな……」

って方向けに書いています。

それではレビューしていきますね。

 

 

Bose QuietComfort Earbudsの概要・画像・使い方

 

Bose QuietComfort Earbuds』は、ノイズキャンセリング技術の生みの親であるBOSE社の知見・ノウハウが結集した、ノイズキャンセリング機能搭載の完全ワイヤレスイヤホンです。

群雄割拠の完全ワイヤレスイヤホン分野において、その遮音性能はトップクラス。Boseならではの豊かで深みがある重低音に、シャープかつクリアな高音質再生もしっかり実現してます。

 

 

セールス的にも大ヒットした『Bose QuietComfort Earbuds』は、音響の専門家や有力販売店からの評価も非常に高い名機です。

実際、国内最大級のオーディオ・ビジュアルアワード『VGP 2021』では、ライフスタイル大賞を受賞しています。

 

【画像出典】VGP2021公式サイトより

 

少し前には、TBS『マツコの知らない世界』(2021年9月7日放送回)のワイヤレスイヤホン特集でも紹介されてましたね。

 

【画像出典】Paravi公式サイト『マツコの知らない世界』よりスクリーンショット

 

   

カラーラインナップが豊富!

【画像出典】Bose公式サイト

 

カラーは「トリプルブラック」「ホワイトストーン」「ストーンブルー」「サンドストーン」の4色。

ムダを削ぎ落としたシンプルなデザインがクールですよね。

 

◼携帯性について

 

充電ケースのサイズは、8.9 cm W x 3.17 cm H x 5.08 cm D。イヤホンの重量は各8.5g。ケース+イヤホンで計94gです。

AirPods Proと見比べるとゴツく見えますが、見た目より軽量です。

ジャケットやパンツのポケットに入れて持ち運んでも邪魔くさく感じません。

 

◼充電について

フル充電は2時間で完了、最大6時間の連続再生ができます。充電ケースと併用すれば、最大18時間の連続再生が可能です。

15分のクイックチャージで最大2時間の連続再生ができるので、朝うっかりバッテリー切れしてても大丈夫。

充電端子はUSB TypeーC対応で、ケーブルが付属されています。QI規格の充電マット(別売)でも充電可能です。

ちなみに私は、iPhoneとAirPods Pro、Apple Watchの3台同時充電ができる『morphine- 3-in-1ワイヤレススタンド』を使ってますが、『Bose QuietComfort Earbuds』の充電も問題なくできます。

イヤホンやApple Watchの使用頻度が高い人ほど、3台同時充電は使い勝手がいいのでおすすめです。

»morphine- 3-in-1ワイヤレススタンド(Apple公式サイト)

 

ペアリングと専用アプリについて

ノイキャンイヤホンを使用したことがある人なら、とくにマニュアルを読まなくても感覚的に設定できると思うので、ざっくりと説明しますね。

まずはスマホ・PCなどのデバイスとBluetoothでペアリング処理を行います。

それからイヤホンをケースに収納した状態で、ケース中央部のBluetoothマークがあるボタンを長押しします。

すると両方のイヤホンが点滅し、ペアリングモードになります。

 

 

スマホのBluetooth設定画面に「Bose QC Earbuds」が表示されるので、こちらをタップします。「接続済み」になればペアリングは完了です。

オートペアリングなので一度ペアリングすれば、次回からはケースから取り出すだけで自動接続されます。

続いてApp Store(またはGoogle Playストア)を開いて、「Bose Music」で検索をかけて専用アプリをインストールします。

 

 

インストールしたアプリを起動すると、アカウントの作成・サインインを求められます。

アカウントを新規作成するか、Apple ID、Facebookアカウントにてサインインしてください。

専用アプリとイヤホンを接続できたら、初期設定は完了です。

ノイズキャンセリングの強度やモード設定や、イヤホンタップで使うショートカット機能の割り振りなどはアプリから行います。

 

 

シンプルで見やすいUXデザイン。設定項目自体も少ないので、感覚的にいじっているうちに慣れますよ

 

装着感について

 

Bose QuietComfort Earbuds』は装着感も快適。耳の奥に押し込んで挿入するというよりは、カチッとフタをするような感覚です。

重量的にはやや重めの部類ですが、耳のくぼみにしっかりフィットする「ウィングチップ設計」により重さが分散され、軽やかな付け心地で外れにくい。

また、シリコン製のイヤーチップで耳にプラスチック部分が接触しないので、長時間つけていても疲労や痛みを感じにくいです。

 

ただし一定の割合で「耳の形的に装着しにくい」とか「イヤホンがずり落ちてくる」といった声もあるみたいです。

その場合、装着の仕方であっさり解決するかもなので、調整方法のサポートページ(公式サイト)もチェックしてみてください。 

» Bose QuietComfort Earbuds(アマゾンで価格をチェックする)

 

ノイキャンイヤホンを複数台所有する私が『Bose QuietComfort Earbuds 』をメインで使う4つの理由

 

【画像出典】Bose公式サイト

 

①: ノイズキャンセリングの強度を微調整できる

 

 

専用アプリから「ノイズキャンセリングバー」をスワイプすることで、自分好みの強度(0〜11段階)に調整できます。

キャンセリングレベルを下げるほど、外部の音が聞こえる「外音取り込みモード」に切り替わります。

私は以下4つのレベルを、シーン別で使い分けるようにしてます。

①: レベル0

フルトランスペアレンシーといわれる「外音取り込みモード」の状態。イヤホンを着けたままでも会話でき、周囲の音もしっかり聞き取れる強度です。

③ :レベル3

ジムでのワークアウト時。隣のマシンの音などは抑えつつ、トレーナーに話しかけられても聞き取れる強度です。

② :レベル5

外を歩くとき。車の走行音や自転車のベル、電車内のアナウンスがうっすら聞き取れる。

オンライン通話時。自分の声が外音として適度に取り込まれ、通話がしやすい強度。

④ :レベル11

外部音をシャットアウトして作業モードに没頭したいとき。

 

ノイズキャンセリングの強度が最大でも、インターホンや救急車のサイレン、踏切の音といった聞き漏らしたくない音は拾うのでご心配なく。

音そのものを遮断するというより、かなり遠くのほうから聞こえてくるといったマイルドな感じになります。

 

②: イヤホンタップでノイズキャンセリングの切り替えができる

 

 

アプリで設定したノイズキャンセリングのモードを、Lイヤホンのダブルタップで順番に切り替えられます。

ノイズキャンセリング機能の切り替えって、アプリやスマホの設定画面からでないと行えない機種が多いですが、イヤホンタップで行えるのがスマートです。

 

◼ 主な操作一覧(初期設定状態)

【再生】

  1. 再生/停止 → Rイヤホンを2回タップ
  2. トラック送り → Lイヤホンを長押し(アプリ「ショートカット」で設定)
  3. トラック戻し → Lイヤホンを長押し(アプリ「ショートカット」で設定)
  4. 音量調整 → Rイヤホンをスワイプして調整

【通話】

  1. 電話を受ける → Rイヤホンを2回タップ
  2. 着信拒否 → Rイヤホンを長押し
  3. 通話終了 → Rイヤホンを2回タップ

【その他】

  1. ノイズキャンセリングモード(最大4つまで設定可)の切り替え → Lイヤホンを2回タップ
  2. 音声アシスタント(Siriなど) → Rイヤホンを長押し
  3. ボリュームを上げる → Rイヤホンを上へスワイプ
  4. ボリュームを下げる → Rイヤホンを下へスワイプ
  5. バッテリー残量の確認 → Lイヤホンを長押し(アプリ「ショートカット」で設定)

 

直感的なタッチセンサーでノイズキャンセリングの切り替え、ショートカットを実行できるのでノンストレスです。

ただ感度が良すぎるあまり、少し触れただけでも意図しない動作をすることがあるのでそこだけ注意ですね。

  

③: クリアな通話品質でオンライン会議でも大活躍

 

 

オンライン会議中、通話品質に難があると集中力が途切れてイライラしますよね。

Bose QuietComfort Earbuds』はマイク性能も◎なので、オンライン会議時のヘッドセットとしても優秀です。

両イヤホンに通話用のデュアルマイクシステムが搭載されており、小声でもこちらの声が相手にしっかりと届き、相手の声もクリアに拾ってくれるので聴き取りやすい。

 

オンライン会議ではノイズキャンセリング強度を最大にしてましたが、それだとセルフボイス(※ 通話中に聴こえる自分の声)のフィードバック感が少なくて話しにくいと感じました。

そこで強度を5程度に下げたところ、自分の声が外音として適度に取り込まれ、通話しやすくなりました。

通信状態で多少変動する感覚があるので、強度の微調整できるのは便利ですね。

 

④ :一瞬で「精神と時の部屋状態。ノマドワークがはかどる

 

 

私は基本的に在宅ワークですが、カフェにもほぼ毎日行って2〜3時間ほどノマドワークしてます。

カフェには大声でしゃべり続けるおばさま、キーボードのタイピング音がデカい人、ハンズフリーで大声で話すリーマンなど手強い敵がいます。

複雑な作業をしてるときほど、こういうのに遭遇するんですよね。

「じゃあ家でやれよ」はさておき、Bose QuietComfort Earbuds』でノイズキャンセリングのレベルをMAXにするだけで・・・

 

■ まるで『精神と時の部屋』に入ったかのような無音・静寂に包まれる

 

着けた瞬間、周囲の話し声やエアコンの音がスッと消え去り、圧倒的な集中スペースが手に入ります。

店内BGMは音量にもよりますが、離れたところでうっすら流れてるなって感じです。

 

» Bose QuietComfort Earbudsアマゾンで価格をチェックする)

 

生産性の向上・集中力の維持・ストレスの緩和は、意外とリーズナブルに買える

 

 

Bose QuietComfort Earbuds』はリリースから2年経った現在も、ノイズキャンセリングイヤホンの定番モデルとしての地位を確立しています。

ソフトウェアも都度アップデートされ、使い勝手はますます良くなっています。

参考価格は33,000円(税込)ですが、最近はだいぶ値下がりしててお買い得ですね。

» Bose QuietComfort Earbuds(アマゾンで価格をチェックする)

 

ノイキャンイヤホンは安い買い物ではないですし、下手に新製品に手を出して失敗するのは痛いですよね。

少し古いモデルでも、たしかな実績と性能を備えた名機を選んだほうが、「買ってよかった!」と長く使い続けられると思いますよ!

 

 

コチラの記事も何気に読まれています!

 

ABOUT US
HiraQ編集者/WEBライター/WEBデザイナー
都内の某広告代理店に勤務。Web広告の編集やライティング、デザインに従事。ブログでは主に、Webライターやブロガー、Webデザイナーに役立つ記事をゆるく発信してます。出身は山梨、いて座のO型、猫派。サッカー好きのPSGサポです。