テレワークで買ってよかった! 在宅勤務の必須ツール「9種の神器」

topimage

 

「会社(職場)勤務と在宅勤務で生産性に差は生じるか?」という経済産業省の調査にて、企業の92.3%、労働者の82.0%が「在宅勤務のほうが生産性が低い」と回答していることがわかりました。

【参考】経済産業省「コロナ禍の経済する基礎データ(2021年2月)」より

   

自宅は本来くつろぐ場所。仕事することに特化したオフィスに比べ、作業環境はどうしても貧弱になりがちです。

しかし、本格的に自宅が作業拠点になっていくのであれば、作業環境を整えて、“快適な職場” にシフトしていく必要があります。

そこで本記事では、コロナ禍での在宅勤務期間を経て得た知見を踏まえて、「買ってよかった」と筆者が実感しているツールを「9種の神器」と認定し、勝手に紹介しています。

快適な空間で──効率よく──ストレスなく作業したい──を突き詰めた結果、今では オフィス以上に生産性を高められる環境 を手に入れました。

 

自宅でも会社で仕事するのと変わらない生産性をキープしたいあなた の一助になればうれしいです。

 

テレワークで買ってよかった! 在宅勤務の必須ツール「9種の神器」

 

 

画像
(Amazonリンク)
ツール商品名
(ページ内ジャンプ)
価格(※)
外部ディスプレイDell S2721QS39,800円
モニターアームエルゴトロン
45-241-224
14,980円
外付けキーボードApple Magic Keyboard18,040円
ワークチェアハーマンミラー アーロンチェア
リマスタード ライト
142,901円
スタンディングデスクバウヒュッテ
BHD-700
17,733円
デスクライト山田照明 Z-LIGHT
LED Z-80NW
19,532円
Webカメラロジクール
C980
14,652円
ヘッドセットJabra
Evolves 65 Mono
20,400円
ケーブルボックスBlueLounge
CableBox
5,060円

(※)価格は2022年6月2日調査時点でのAmazon価格です。最新価格はリンク先でご確認を。

 

効率性を高める】在宅勤務の必須ツール3つ

 

① 外部ディスプレイ: Dell S2721QS

 

 

自宅で腰をすえて作業する場合、ノートパソコンはなにかと不便さをともなうもの。まずデスクトップに比べて画面が小さいため、作業領域・表示領域が狭いですよね。

そうなると文字や画像の大きさを都度調整したり、アプリやウインドウを頻繁に切り替えたりといった手間が発生します。

出先や会社でならともかく、在宅でノートしか使わないのは効率的でじゃないので、ぜひディスプレイをつなげてデスクトップ型にしましょう。

わたしは、Dell S2721QS (4K27inch)を使ってます。つなぐだけで大画面・高解像度のデュアルディスプレイ環境を構築。作業効率が格段にアップしました。

 

作業領域が広くなることで、視認性・可読性が向上。複数のアプリを開きながらブラウザで調べ物をしたり、文書を作成したりといったタスクの両立が可能です。

表示領域が広がると取得できる情報量も増え、スクロール回数が激減します。文字量や数字の多いページ・資料のチェックもしやすくなりますよ。

 

画素密度も「163ppi」となかなかのスペック。接近してもドットがほぼ見えず、PDFや電子書籍などの小さな文字もクリアに表示されます。

「IPSパネル」を採用しており、見る角度による輝度・色の変化が少ないので、写真のディテールの確認もしやすいです。

正確な色表示が求められるWebデザイン作業との相性もいいモデルだと思いました。

 

 

同等スペックの4Kモニターに比べてリーズナブルな部類ながら、これといったデメリットが見当たりません。

ノート派の人に27インチは最初は使いづらいかもですが、大画面の使い勝手を知るとノートでは物足りなくなりますよ。

 

 

② モニターアーム:エルゴトロン LX デスクマウント 45-241-224

 

 

✔ デスクが狭くてモニターを置くスペースがない

✔ デスクまわりをすっきりさせて、広々と使いたい

という人に便利なのがモニターアームです。

天板に挟み込んで固定しモニターを浮かせて使う感じになるので、机上に置かないぶんスペースが空きます。

アームを側面に取り付ければデスクの幅を飛び越えて設置できるので、自分好みのマルチモニター環境を構築しやすいでしょう。

 

 

わたしは「エルゴトロン LX デスクマウント モニターアーム 45-241-224」を使っています。

34インチまでのモニターに対応しており、荷重範囲は3.2~11.3kg。前後伸縮は64cm、昇降は33cmまで行えます。

ベース付近の関節とアーム中心部の関節を360°回転でき、作業内容に合わせて画面の方向を変えたりとレイアウト自在。 

アームは「人間の腕かよ!」ってくらいに滑らかに動き、固定したい位置でピタッと止められます。使ってるうちにモニターがずり落ちて、目線の位置とズレるといったストレスもありません。

品質保証期間は10年と耐久性もバッチリ。使い始めて2年経ちましたが、「あと8年余裕だな」と思わせてくれるタフネスを感じます。

カラーは「アルミ色」「ホワイト」「マットブラック」の3色あるので、お使いのデスクやパソコンと合わせやすいと思います。

 

 

モニターアームのカテゴリにおいて、実績・信頼性ともに頭一つ抜けてますが、デメリットは価格的にやや割高なこと。

しかし、高価な液晶モニターの “支え手” への投資をケチり、落下損傷でもしようものなら最悪ですよね。

「安物買いの銭失い」にならないためにも、モニターアームには投資しておきましょう。

 

 

③ 外付けキーボード:Apple Magic Keyboard

 

 

自宅でノートパソコンで作業する場合、外付けキーボードもつないで、よりデスクトップ環境に近づけたほうが入力性も上がり、作業効率を高められます。

わたしは「MacBook Air」を使っていますが、外付けキーボードは純正の「Apple Magic Keyboard」を使っています。

純正を使うメリットで大きいのが、連携のスムーズさと安全性です。

サードパーティーのMac向けキーボードは、macOSとの互換性に不満を感じる恐れがあり、安価なものほどその傾向がみられます。

Macに最適化された設計にMacに調和するスマートなデザイン性を含めても、やはり純正はおすすめですね。

 

純正キーボードは使用PCとの互換性もあるので、かならずしも最新機種である必要はないですが、わたしは Touch ID搭載 Apple Magic Keyboard(テンキー付き)を使っています。

シザー構造は個人的にとても打ちやすいので、疲れにくく安定したタイピングができます。あとTouch IDの利便性を知ってしまうと、もう外せないですね。

 

数字がらみの入力があまり発生しないならテンキーは必須ではないですが、せっかく外付けして使うなら、ノートにはない機能を備えて差別化させたほうがメリットをより感じられます。

実際、わたしはテンキーを使うようになってから「こんなに便利だったのか!」と気づきました。

テンキーレスより価格が割高になるのとデスクスペースをとるのはデメリットですが、入力系タスクが多い人ほど、テンキー付きの高性能キーボードで得られる恩恵は大きいですよ。

 

 

打鍵感、デザイン、連携性。純正キーボードはすべてにおいて合格点以上。所有してるだけでもうれしくなりますよ。

 

 

身体の負担を軽減する】在宅勤務の必須ツール3つ

 

④ ワークチェア: HermanMiller(ハーマンミラー) アーロンチェア アーロン リマスタード ライト

 

 

家庭用のイスの多くはオフィスで使うワークチェアと違い、長時間のデスクワークを想定した造りになっていません。

イスの快適さは健康面・作業面に直結します。自宅を作業拠点にしていくのなら、イスへの投資を惜しむのは非合理的です。

わたしはLINE社やはてな社、米Facebook社での採用実績もある、ハーマンミラーのアーロンチェア「アーロン リマスタード ライト」を使っています。

快適に作業するための機能・工夫がいくつも施されており、長時間の座位でも疲れにくいです。

 

 

「アーロンチェア リマスタード」はアーロンチェアの進化版的なモデルで、わたしはその廉価版にあたる「リマスタード ライト」を使っています。

リーズナブルなぶん前傾機能といった一部の機能がないですが、自分的に過不足を感じなかったこともあり、 ライト でも十分な使い勝手です。

「多くの機能はいらないけど快適なイスが欲しい」という人なら、性能的にはライトでも充分に満足できるかと思いますよ。

 

耐用年数が長めなのもアーロンチェアの魅力。仮に10万円クラスのものを10年使用したら月額833円。サブスク感覚でいえばSpotifyのひと月分より安いです。

「10年分のストレスフリーな未来を買った」と考えれば、決して高い買い物ではありません。

 

 

「イスを変えるだけ」で生産性と健康維持を担保できるなら、しめたものですよね。

 

 

⑤ スタンディングデスク:Bauhutte(バウヒュッテ) BHD−700

 

 

テレワークや外出自粛の影響から、家で過ごす時間が増え、座っている時間が長くなっていませんか。

シドニー大学の調査(2011年)によると、日本は「総座位時間」が世界でもっとも長い国・地域のひとつで、420分/日。1日の約3分の1は座っている計算です。

【参照元】ニッセイ基礎研究所「意識したい『座り過ぎ』の問題ー健康リスクを下げて、生産性を上げる」より

 

「座りすぎ」がもたらす健康リスクは周知のとおり。連続した座位時間を減らすには、スタンディングデスクを利用して「立ち仕事」の時間を長くするのが有効です。

わたしはここ3年、「Bauhutte(バウヒュッテ)スタンディングデスク BHD-700」を使っています。

「座り」と「立ち」の作業姿勢を交互にとることにより身体のバランスが整い、長時間作業しても疲れにくく、集中力も持続するようになりました。

 

 

床から75.5〜117.5cmの高さの無段階昇降が可能。自分の身長に合わせて、簡単に位置調整ができます。

天板サイズ(幅)は「70cm」「100cm」「120cm」の3つ。私はサブデスクとして使いたかったので、コンパクトな70cm幅を選びました。

ノートパソコンやタブレット、資料を広げられるのに十分なスペースや、ノートパソコン+モニターの2画面レイアウトを考えているなら、100cm幅〜がいいと思います。

また、一般的な事務デスクと同じ高さ(70cm)まで下げて、座り姿勢にも対応したデスクとしても普通に使えますよ。

 

 

いいなと思ったのが、天板が2つあるところですね。天板が1つしかないタイプの場合、上段にディスプレイ、下段にキーボードといった使い方ができないので手狭になるので

常に使わないモノは下段に隠して、引き出し感覚で使えるのが良き。

 

 

ちなみにスタンディングでの作業に慣れていない人だと、ほぼ100パーで翌日のふくらはぎと太ももの張り、足の裏の痛みに苦しみます。

スタンディングデスクワークを快適に行うためにも必須なのがフロアマット。わたしは「ComfiLife (コンフィライフ) 疲労対策 フロアマット」を使ってます。

 

 

⑥ デスクライト: 山田照明 Z-LIGHT LED Z-80NW

 

 

記事の冒頭で「自宅はオフィスに比べて作業環境が貧弱になりがち」と言いましたが、なかでも顕著なのが照明です。

会社の照明は、作業内容に応じて定められた「明るさの基準」が労働安全性規則によってされています。

一方、自宅は「居住スペースとしての快適さ」を配慮したケースが大半。ワークスペースを前提とした照明環境ではありません。

そのため、「テレワークになってから目が疲れやすくなった」とか「生産性が下がった」といった声が挙がるのも無理もない話といえます。

 

でも逆にいうと、自宅の照明環境が整うとテレワークの生産性も上がります。

わたしはテレワークに移行した当初、生産性がダダ下がりしましたが、デスクライトを「山田照明 Z-LIGHT LED Z-80NW 」 に替えたことで、かなり改善されました。

 

 

自然光に近い光を再現することで、日中の日差しのようにやさしい照明下。目の負荷も軽減されて作業しやすくなりました。

横長なフォルムなので、机全体を均一に照らし、手元までしっかり明るい。スイッチの長押しで無段階調光が行え、自分好みの明るさへの調整もスムーズです。

アームの可動域が広いので平行移動がしやすく、止めたいところでピタッと止められからノンストレス。

どんなパソコン・デスクにも調和するデザインなので、Macとの相性も抜群。「このライト、Apple純正じゃないよね?」ってくらいフィットしてます。

 

https://twitter.com/mao_hagi/status/1307602117872345089?s=20&t=JChFPn7OL-lsuKHsmrmwEw

 

作業効率を高めるだけではなく、眼精疲労対策としても有効。デスクライトへの投資をケチってはいけません。

 

 

【印象を良くする・モチベーションを上げる】在宅勤務の必須ツール3つ

 

⑦ Webカメラ:Logicool(ロジクール) C980OW ストリーミング ウェブカム

 

 

Webカメラは、パソコン内蔵カメラの性能が低くてカメラ映りが悪かったり、高画質な映像が撮れなかったりするときなどに使う外付けカメラのことです。

人は会話を通して得る言語情報以上に、相手の表情やしぐさ、身だしなみなどを観察して得る非言語情報をもとにコミュニケーションをはかろうとします。

非言語情報をもとにしたオンライン上でのコミュニケーション力を活性化し、評価をより高めるうえでもWebカメラは欠かせないツールです。

 

 

オンライン上での会議や商談、面接が当たり前になり、職種・年代・性別問わず、Zoom映えが重要視されています。

事実、カメラ映りは悪いより良いのに越したことないですよね。相手の警戒心や心理的不安をほぐすことで、親近感や信頼感の獲得にも好影響が期待できます。

予算に余裕があるならハイエンドモデルを買うのもいいかもですが、会社のWeb会議くらいでしか用途がないならオーバースペックといえます。

大半の方は、そこそこ高スペックで──比較的リーズナブルで──Zoom映えするヤツが欲しいだと思うので、私も使っている「ロジクール Webカメラ C980 ストリーミング ウェブカム」あたりが「ちょうどいい」かと。

 

 

このお値段でフルHD1080p、60fpsは十分すぎるスペック。

明るく自然なカメラ映りを叶えてくれるので、「自分の顔だけ補正かかってない?」 と思うほど。

動画も高画質でなめらかに撮れるので、たまに資料用の動画を撮るときなんかにも活躍します。

 

カラーは、OW(オフホワイト)GR(グラファイト)の2色。おしゃれで高級感あるデザインは所有欲を満たし、モチベーションをちょっぴり上げてくれます。

サイズ・重さは標準よりやや大きめですが、かさばる感じはありません。

また、手動でモニターマウントを(150度くらいまで)首振りできるので、一時的にカメラの向きを変えたいとき、資料を映したいときにも便利ですね。

 

 

高画質で安定したカメラ映りは、相手にポジティブな印象を与えます。

あなたの評価にプラスに働くことはあっても、マイナスになることはまずありませんよ。

 

業務的にWeb会議があまり発生しない場合、「たまに使うくらいだしなくてもいいか」と思うかもしれません。

でも直接対面では見栄えを気にするのに、Web上なら「まぁいいか」というものもおかしな話ですよね。

 

 

さらにワンランク上のZoom映えを狙うなら、LEDリングライトとの併用がおすすめ。わたしは「B1-Esther のLEDリングライト」を使ってます。

リングの中心にパソコン・スマホを置くだけで、自然で明るい、健康的な肌に見せてくれます。

価格は2,000円台とリーズナブルながら十分なスペックを備えており、スペースもそこまでとりません。様子見の1台目としてもおすすめです。

 

 

 

⑧ ヘッドセット:Jabra(ジャブラ) Evolve 65 Mono

 

 

オンライン会議中、自分の声が相手に明瞭に聞こえているかって気になりますよね。

通話中でいちばんストレスに感じるのって、「相手の声が聞き取りづらい」ときだと思います。

円滑なコミュニケーションをはかるためにも、相手が聞き取りやすい「クリアな声」を準備しておきたいものです。

 

わたしは自宅でWeb会議に参加する際、「片耳タイプ」のヘッドセットを使うことが多いです。

ヘッドセットとは、ヘッドホン(相手の声を聞く装置)とマイク(自分の声を届ける装置)の一体型デバイスのこと。

ちなみに使っているのは、コールセンターの業務用ヘッドセットで高いシェア率を誇るJabra社の「Jabra Evolve 65 Mono」です。

 

マイクの感度も影響しますが、口からマイクまでの距離が遠いほど、受信者側は聞き取りづらくなる傾向があります。

口元とマイクの距離が近いヘッドセットは、マイク近くの音、つまり自分の声だけを集音しようとする仕組みがあるので、自分の周囲の雑音を拾いにくく、相手に聞き取りやすい声を届ける性能に長けています。

また、電話で話すように片方の耳だけ塞ぐので、自分の声も自然に聴こえて話しやすいんですよね。

  

わたしの場合、急に呼びかけられたり来客対応が発生したりすることも多いため、周囲の様子の変化に気づきやすい片耳タイプは使い勝手がいいです。

自宅には小さな子供や犬猫もいるので、外部音を遮断しすぎるのが怖いのもありますし、片耳が空くことで聞こえてくる安心感から作業にも身が入るのもあります。

なお、Jabra Evolve 65 Mono はマイクを反対側に回して、左右どちらの耳でも使うことができます。

左右交互に使えば利き耳を休ませることもできるので、1日中つけっぱなしでも快適ですよ。

 

 

わたしはその日のタスクやシーンに応じて、「片耳タイプ」のヘッドセットやネックバンド型の「ソニー WI-1000XM2」、完全ワイヤレス型イヤホン「Bose QuietComfort Earbuds 」を使い分けてます。

複数台持っておくと状況に合わせた使い方ができるので、より快適な通話環境が整いますよ。

 

 

 

⑨ ケーブルボックス:BlueLounge(ブルーラウンジ) CableBox

 

 

在宅勤務に移行してから使うデジタル製品が増えて、配線まわりがごちゃついていませんか?

ごちゃついた配線は見た目にわずらわしいだけでなく、衛生面でも不衛生です。

また、溜まったほこりに湿気を帯びると、通電している電気によって発火し、トラッキング火災の原因になる危険性もあります。

手っ取り早くスッキリさせるには、Bluelounge(ブルーラウンジ) CableBox のようなケーブルボックスで「まとめて隠す」のがおすすめです。

 

本体サイズは、405mm(幅)x 135mm(高さ)x 156mm(奥行き)。各種ケーブルからACアダプタ、電源タップまでまるっと入ります。

熱のこもりを防ぎ、無理のない配線の流れをつくることで安全性を向上。スマートなケーブルマネジメントが叶います。

ケーブル類がそんなに多くなければ、ひと回り小さめの「CableBox Mini Station」のほうが使い勝手はいいかもです。

 

 

機能面だけなら安価な類似品と大差ないですが、デザインとカラーの豊富さにおいて他を圧倒します。

ぶっちゃけ「インテリア映え」のために投資しましたが、モチベーションが上がったのでOKです。(笑)

 

 

【おまけ】テレワークの生産性を高める「3つの習慣」

   

①:重要タスクは午前中にやる

 

 

脳のパフォーマンスは、時間が経つほどに低下していきます。

午前中のスッキリ頭でやればサクッと終わるようなタスクでも、ランチ後に取り掛かったら全然進まないなんてのは「あるある」ですよね。

起床後2時間後は最も集中力が高まる時間で、発想力も発揮されやすい。そのため集中力を要する作業は、脳が活発に働く午前中のうちに片づけるのが鉄則です。

逆に、流しでできるルーティーンワークは、ランチ後や夕方以降など「自分的に集中力が下がりやすい」と感じる時間帯にあてるといいですよ。

 

②:短時間でも毎日歩く

 

 

「在宅勤務に移行してから歩数が下がった」という声をよく聞きますが、歩数が減ることによる健康面、精神面への悪影響は少なくありません。

「継続的に歩く」ことはモチベーションを維持するうえでも効果的なので、毎日短時間でもいいので歩く習慣をつけるといいですよ。

注意点してほしいのは、ながらスマホでダラダラ歩かないこと。歩行中に仕事のメールを見たり返したりしないことです。

休憩中もスマホをいじると、脳が仕事でパソコンを使用しているときと変わらない使い方をしてしまうので、うまく休息モードに切り替えられません。

 

わたしはウォーキングをする際、基本的に音楽やラジオなどのBGMは聞かずに、歩くことだけに集中するようにしています。

歌詞や会話など言語情報が頭に入ってくると、無意識に歌詞を追ったり意味や状況を考えたりしてしまうので、結果として脳を疲弊させる要因になるからです。

あと「歩行禅」とよばれるメンタルフルネスも取り入れてるんですが、ダラダラと歩くよりも疲労の抜け具合、頭のスッキリ感が全然違うのでおすすめですよ。

やり方や効果については、下記で紹介してます。

 

 

③:雑談をふやす

 

 

テレワークの懸念として、コミュニケーション不足による個人のモチベーション低下とチームの連携性低下があります。

効果的かつすぐに取れる対策は、「チャットツールを使って雑談を増やす」です。

わたしの経験則からいっても、雑談する機会が多いチームは仕事の話をする時間も自然と長くなり、業務上の意思決定の結果に対するチームの納得度も深まりやすいです。そのため、結束力の向上にもつながりやすいかと。 

事実、テレワークを行なっている人のうち73.0%が、「職場メンバーとの“雑談”が、自身の業務の生産性を高めることにつながっている(※) と答えた調査結果もあるほどです。

(※)【参考】PR TIMES 一般社団法人日本能率協会(JMA)による2021年「ビジネスパーソン1000人調査」【雑談機会と効果】

 

雑談時におけるトークテーマは、仕事から脱線しすぎない程度にプライベートなものを混ぜるのがおすすめです。

趣味や愛犬、テレワークあるあるなどの話を振れば、メンバーの隠れた一面を発見できたりして意外と盛り上がります。

「情報伝染」といって、誰か一人が楽しく前向きな気持ちでいると、その感情が周囲にも伝染していきます。

仕事の合間に何気ないおしゃべりがあるだけで、個人・チームの士気が高まり、組織全体の生産性を底上げすることにもつながっていくのです。

   

ご精読ありがとうございました!

全国各地で記録的な猛暑日が続くなか、感染者数が増加傾向にあります。

テレワークの装備レベル(作業環境)を上げつつ、感染対策も継続して乗り越えていきましょう。

気になったツールは、もう一度チェックしてみてくださいね。

 

【一覧】在宅勤務の必須ツール「9種の神器」

画像
(Amazonリンク)
ツール商品名
(ページ内ジャンプ)
価格(※)
外部ディスプレイDell S2721QS39,800円
モニターアームエルゴトロン
45-241-224
14,980円
外付けキーボードApple Magic Keyboard18,040円
ワークチェアハーマンミラー アーロンチェア
リマスタード ライト
142,901円
スタンディングデスクバウヒュッテ
BHD-700
17,733円
デスクライト山田照明 Z-LIGHT
LED Z-80NW
19,532円
Webカメラロジクール
C980
14,652円
ヘッドセットJabra
Evolves 65 Mono
20,400円
ケーブルボックスBlueLounge
CableBox
5,060円

(※)表示価格は2022年6月2日調査時点でのAmazon価格です。最新価格はリンク先でご確認を。

 

 

   

ABOUT US
HiraQ編集者/WEBライター/WEBデザイナー
都内の某広告代理店に勤務。Web広告の編集やライティング、デザインに従事。当サイト(Writehack.-ライトハックドット-)では主に、Webライターやブロガー、Webデザイナーに役立つ記事をゆるく発信してます。山梨出身でいて座のO型、猫派。サッカー好きのPSGサポです。