原稿のライティングに集中できないWebライターのための「10の攻略法」

 

 

書くための情報は揃えた。考えも構成も十分に練った。なのに筆が進まない場合、根本的な原因はシンプルに「原稿に集中できてない」だったりします。

「集中できないのは意志力が弱いからだ」

のようにまとめられがちですが、意志の強さで集中力をコントロールしようとしても、たいがい上手く行きませんよね。

個人差はありますが、「人の集中力が持続する時間は90分が限界」といわれています。

サッカーの一試合ぶんですが、わたしは半分の45分でもキツイです。

 

そもそも自分の集中力にあまり期待しないほうがいい。思っている以上にもちません

 

わたしはもともと集中力が持続しないうえに、意志力の弱さにも定評があります。

そのため意志の強さどうこうでなく、「自分的に “集中状態” へもっていきやすい」と経験上知ってる仕組みを常に整える ことを徹底しています。

カッコつけていうと、イチロー選手がバッターボックスへ入る際、常に同じ動き(ルーティンワーク)をして集中力を高めるようなイメージです。

過去の成功体験があることで「これをやれば集中できる」と一種の自己暗示もかかります。

アテにならない意志力に頼るより、一定以上の集中力を発揮できる再現性が高いのです。

 

そこで今回は、某広告代理店の編集者兼ライターのわたしが、原稿のライティングに集中するためにやっている「10の攻略法」をお届けします。

 

   

①: “場所ニューロン” で集中力を高める

 

 

仕事や勉強する場所を変えるだけで集中力が高まり、記憶力もアップする効果があることが、ミシガン大学の研究でも実証されています。

なぜ場所を変えると記憶力がアップするのかですが、簡単にいうと、“覚えた情報” と “記憶した場所” とのリンクが考えられます。

要するに脳の仕組みの話で、人は記憶したい内容を単体で覚えるより、場所や状況、エピソードなど何かしらの情報と関連づけたほうが記憶に定着しやすい のです。

記憶する場所が変われば、思い出すための手がかりも増えますよね。そのぶん人の記憶力を司どる部位・海馬にある「場所ニューロン」が活性化されます。

脳が活性化することにより集中力が高まり、記憶力アップにもつながるというわけです。

 

わたしは基本的に在宅ワークですが、家にこもりきりだと集中力がもたないので、毎日カフェに行って2〜3時間ほどノマドワークするのが日課になっています。

習慣化すると「カフェに来たから仕事するぞ」とマインドが勝手に切り替わるので、感覚的にはもはやオフィスですね。 

集中力は一度途切れると回復しづらいですよね。同じ場所にとどまり続けるより、場所を変えて仕切り直すのが正解 です。

歩くことで気分転換とエクササイズ効果を得られ、脳疲労やストレスの軽減効果もあります。

 

②:タスクが完了したら “ごほうび” を与える

 

 

人は、見返りがないと基本的に動きません。

しかもわたしは意志力が弱いので、タスクが完了したら  “ごほうび” を与えて、適度に自分を甘やかしています。

要するに、エサをちらつかせて発破をかけるってことです。

 

ごほうびはありすぎると有り難みが薄れ、逆効果になりかねません。用意するのも大変になるので、ちょっぴりアガる くらいがいいですね。

わたしの場合、このタスクを終わらせたら、、、

・「セブンイレブンのニューヨークチーズケーキを食べてよし」

・「ネコと5分間のもふもふタイムを許可する」

程度のささやかなものです。

 

単純ですが、「ミッションクリア」的なゲーム要素も出て達成感を感じられます。

何もない場合より、集中力とモチベーションを高める効果があると思いますよ。

 

③: “33分33秒” のサイクルで無理なく集中力を発揮させる

 

 

「人の集中力が持続する限界は90分」という話が出ましたが、たとえ90分もつ人でも常に限界まで追い込むのはよくありません。

その日のコンディションや作業内容にもよっても持続時間は短くなりますし、無理なく集中力を持続させるためにも、「もうちょっとイケたな」と余力を残すのがコツ です。

わたしは原稿を執筆する際、タイマーを “33分33秒” にセットし、鳴ったら5分休憩してまた再開するサイクルでやっています。

これは「33分33秒の法則」といって、アメリカの伝説的コピーライターのユージン・シュワルツが提唱した「集中力を長時間持続するためのペース配分」です。

やり方は以下のとおり。

①:タイマーを「33分33秒」にセットする

②:執筆中は書くこと以外の作業はしない

③:タイマーが鳴ったら、キリが悪くても速やかに筆をおく

④:タイマーを5分セットして休憩。5分以上は休まない

⑤ :①に戻って繰り返す。

 

時間管理の手法はいろいろ試しましたが、自分的には33分33秒のサイクルが合っているみたいで、集中力を無理なく持続でき、疲労やストレスが溜まりにくくなった実感があります。

③を補足すると、筆がノッてくると時間オーバーをして書き続けたくなる衝動に駆られますが、タイマーが鳴ったら速やかに筆をおくのがポイントです。

でないとタイマーの意味がなくなるのもありますが、中途半端なところで止めることにより「ツァイガルニック効果」が発動します。

簡単にいうと脳の仕組みの話で、人の記憶は完了した物事よりも、“未完了の状態で残ってる物事のほうが記憶にとどまりやすい からです。

 

キリのいいところまでやってしまうと、脳は「完了した」と認識します。すると再開する際、脳的には「もう終わったやん」なので、執筆中の集中状態を取り戻すのに時間がかかります。

だから中途半端でも、時間が来たら止めることでツァイガルニック効果を発動させ、脳に「まだ終わってないよ。途中だよ」と強く認識させるのです。

記憶にとどまっているぶん、執筆中の集中状態を取り戻しやすく、休憩を挟んだあともスムーズに再開できます。

 

④:作業前のBGMでスイッチを “ON” へ切り替える

 

 

わたしは毎朝始業前に、音楽を10分ほど聴いてから取り掛かるようにしています。

好きな曲や気分が高揚する曲を聴くことで、スイッチが “ON” に切り替わる感覚が得られ、集中状態へ入りやすい と感じるからです。

そもそもBGMは、労働者の生産性を上げる目的で使われ始めたもの。作業前に音楽を聴くことは、集中力やモチベーションを高めるうえで有効とされています。

わたしはサッカーの「FIFAアンセム」やRIZINテーマ曲の「Theme of RIZIN」、佐藤直紀さんの「DEPARTURE」(TBE系列ドラマ「GOOD LUCK!!」のオープニングテーマ)など入場曲的なものがアガりやすいのでよく聴きます。

 

構成を考えたりアイデアを練ったりと、原稿の執筆作業は脳への負荷が大きいタスクです。

なかには「気が進まない」内容も当然あって、手をつけること自体、億劫なときもありますよね。

そんなとき、カンタンに脳の状態を「快」へと変化させられる方法が音楽。自分の好きな曲を聴くとドーパミン(神経伝達物質)が分泌され、前向きな気持ちになれます。

「気が進まない」を回避できればモチベーションも上がり、頭も回ります。ひいては集中力を発揮することにつながり、パフォーマンスの向上が期待できるのです。

 

⑤: “グリーンエクササイズ” を意識した休憩をとる

 

 

集中力を長時間にわたって維持するうえで、休息を上手にとることは大切です。

わたしはコロナ禍で在宅ワークがメインになってから、「グリーンエクササイズ」を意識した休憩をとるように心がけています。

エクササイズといってもガッツリ運動する必要はなく、公園や湖、河川敷など「緑や水の存在を身近に感じられる場所」に赴いて休憩 をとるだけです。

その際、散歩やストレッチなど軽めの運動を取り入れるのもおすすめ。屋外で行うエクササイズは、5〜10分程度の短時間でも気分を向上させ、ストレスの軽減や疲労の回復効果が期待できます。

 

川や湖が近所になくても、噴水のある公園のベンチに座って、ぼんやりと木や川、雲、鳥などを眺めてるだけでも効果があります。

パソコンの前から離れず受動的に過ごす。緑や水を感じられる場所に移動して能動的に休む。どちらがリフレッシュ効果が高いか、いうまでもないでしょう。

日頃から緑や水を感じる時間が不足してる人ほど、グリーンエクササイズで得られる恩恵は大きいと思いますよ。

 

⑥: “噛む習慣” で集中力をアップ

 

 

わたしはコロナ禍でテレワークに移行したのを機に、仕事中のガムを習慣づけてみたのですが、噛んでいなかったときよりも集中が途切れにくく、眠気やイライラを感じにくくなりました。

事実、ガムを噛みながら仕事をすることで、仕事上のストレスや疲労感が薄れ、不注意・仕事の遅れや認知上の問題(勘違い)が減少する※)ことが、複数の実験や試験結果からも明らかになっています。

わたしの場合、もともとガムを噛まない人だったので、 “噛む習慣” の恩恵を得やすかったのかもしれませんが。

【参考】ロッテ噛むこと研究室:「月曜の朝こそ、ガムを噛もう 噛むことと仕事上のストレスの関係」より。

【実験内容】フルタイムで働く大学職員男女126人を対象とした実験で、ガムを噛むグループと噛まないグループの2つに分けて、ガムを噛むグループには一日ガムを噛みながら仕事をしてもらい、ガムを噛むことが仕事の幸福感とパフォーマンスに影響を与えるかを評価したもの。

 

ガムを毎日噛むとなると、やはりキシリトールがおすすめ。虫歯の原因になる酸を作らず、長時間噛んでいても歯に悪影響を及ぼしません。

ただ同じ味だと即効で飽きて、噛む効果も薄れる感があるので、ロッテ キシリトールガム 7種アソートボトル 143g×6個入 をデスクに常備してます。

 

⑦: 全てのベースは “睡眠” から

 

 

書く作業に限った話ではないですが、睡眠は全ての活動においてベースとなるものです。

質の高い睡眠がとれていると体力・気力ともに充実し、高い集中力を発揮することにつながります。

また、睡眠の充足度が高いと「自分をコントロールできている」感覚を得られることで自己肯定感が高まり、パフォーマンスにも好影響を及ぼすことが考えられます。

 

でも質の高い睡眠をキープするのって難しいですよね。わたしもたいがい寝不足なので、仕事の合間に「パワーナップ」をとってカバーしています。

パワーナップとは、12時〜15時ぐらいの時間帯に、20分程度の短い仮眠をとること。GoogleやNIKEなど世界的企業が導入していることでも注目され、日本でも多くの企業が取り入れるようになりました。

ランチ後はとくに眠気がツラい時間帯ですし、気合いで眠気をやり過ごすより、効率的に脳の疲れを取ることができます。

 

仮眠といってもベッドに入ってガッツリ寝入る必要はないです。わたしはイスにもたれかかって、アイマスクをした状態で軽く目を閉じて過ごすことが多いです。

完全に横になるよりも、机に突っ伏したりイスにもたれかかる体勢をとったりするほうが、首にある交感神経節がほどよく刺激されて効果的です。

注意点は30分以上寝ないことです。長く寝入ってしまうと、ノンレム睡眠のステージ3以降に入りやすくなり逆効果になります。かならずタイマーをセットしてやりましょう。

作業環境的に問題なければパワーナップはおすすめ。午後の作業のはかどり具合が全然違ってきますよ。

 

⑧: “呼吸が浅い” と集中力が途切れやすい

 

 

執筆中にふと集中が途切れたとき、「呼吸が浅くなっている」と感じることありませんか?

呼吸が浅いと脳に十分な酸素が送り込まれず、集中力や注意力の欠如、意志力の低下につながります。

さらに疲労・ストレスの増加要因にもなってパフォーマンスを低下させるのです。

 

普段から呼吸が浅い人は、肩や首・背中まわりが過緊張状態になっていることが多いです

また、無意識に両肩が上がっていて肩から胸の筋肉が縮こまり、肩甲骨ごと肩が前に出る「巻き肩」の姿勢になりやすい。

わたしがまさにそれなんですけど、作業中に集中が途切れるときって無意識に肩が上がっていて、「息苦しい」を発生していることが多いんです。

なので腹式呼吸を意識して呼吸を深く整えたり、肩を押し下げるストレッチを毎日やっています。

個人的におすすめのストレッチがありまして、YouTubeチャンネル「美容整体アピアランスTV」で公開されている以下の2本です。

 

美容整体アピアランスTV:【首ダイエット】首を長く細くする方法!肩こりを一瞬で取りたい人見て下さい!

 

美容整体アピアランスTV:もっこり首!首痛い!肩痛い!首こりストレートネックを改善するマッサージ!

 

首や肩、背中まわりの筋肉が緊張して固まっていると、第一肋骨が上にズレていき、肩が上がります。

肩が上がりっぱなしの状態が続くと、筋肉がその状態を正常と認識し呼吸が浅くなります。

そこで有効なのが、上記動画のような「肩を押し下げる動き」で筋肉を刺激することです。

肩が自然に下がった定位置をキープする意識が大切。深い呼吸がしやすくなるので、徐々に改善に近づいていくと思います。

「執筆作業中、いつの間にか肩が上がっていて息苦しくなる」という人は、ぜひ鏡を見ながらやってみてください。

ストレッチ前後で肩がスッと下がるのがわかると思います。肩が下がると首まわりがスッキリして、細長く見える効果もあるので見た目的にもよき。

 

⑨: “締切” は常に設定しよう

 

 

原稿を執筆する際、“締切” 設定していますか?

締切のないタスクは緊張感に欠けることから集中力やモチベーションを維持しづらくなり、作業効率の低下要因になります。

かといって期限に余裕がなさすぎるのもよくない。間に合わせること自体が目的になって、原稿の質の担保が難しくなるからです。

スピード・品質ともにおざなりにならないよう、締切は「ちょっとペース上げないとヤバいかも」くらいのタイトさがいいですね。

そもそも期限がないタスクもあるでしょうが、「なければ設定する」くらいの気概を持ちたいものです。

ほどよい緊張感・拘束力があるほうが集中力を高め、維持する力へと変わります。

 

⑩:相手をスケジュールに巻き込んで自分を鼓舞する

 

 

わたしは期限が特にないタスクでも、「8月10日の16時までに提出します」とか「週明け午前中にご連絡します」などと宣言するようにしてます。

理由は主に2つ。ひとつは宣言することで忘れにくくなるから。もうひとつは、相手をスケジュールに巻き込む責任で自分を鼓舞するためです。

自分のなかでだけスケジュールを組むと、間に合わなかったとしても「次は気をつけよう」とか「誰にも迷惑はかけてないからいいか」で終わりがちです。

一方、相手に宣言した場合、相手はこちらの指定日時に合わせてスケジュールを組んだりすることも考えられます。遅れれば相手の貴重な時間を奪い、信頼を失うことにもなりかねません。

相手をスケジュールに巻き込むことで適度なプレッシャーと拘束力がかかります。時間への意識も高まり、集中力が発揮されやすくなります。これも自分を効率よく動かすための仕組みですね。

  

今回は、原稿のライティングに集中できないWebライターのための「10の攻略法」というテーマで、特別な準備いらずで始められるものに絞りました。

あなたの現在の執筆速度がノコノコだとしたら、モートンくらいにはなれるかもしれません。

本記事が、原稿のライティングに集中できないあなたの一助になれば幸いです。ご精読ありがとうございました!

  

▼ こちらの記事も何気に読まれています

 

 

ABOUT US
HiraQ編集者/WEBライター/WEBデザイナー
都内の某広告代理店に勤務。Web広告の編集やライティング、デザインに従事。ブログでは主に、Webライターやブロガー、Webデザイナーに役立つ記事をゆるく発信してます。出身は山梨、いて座のO型、猫派。サッカー好きのPSGサポです。