【即改善】ぜい肉が多い文章を速攻ダイエットさせるリライトのコツ9選

 

過去に投稿した記事やブログを久しぶりに見返してみると……

「長っ!」

「まわりくどいっ!!」

「わかりにくいっ!!!」

ってなることありませんか?

 

私はしょっちゅうです。リライトどころか、なかったことにしたいときもあります。

そういう文章って、一言でいえば「ムダが多い」。

カラダで言えば、お腹や足、背中にまんべんなく「ぜい肉」が付いてる感じです。

 

 

メタボな文章にだいたい共通しているのが、以下の3点です。

✔ 前置きが長い

✔ 余計な内容まで伝えすぎている

✔ なくてもいい言葉が多い

 

【理由】なぜ冗長で回りくどい文章を書いてしまうのか

 

 

「冗長で回りくどい文章を書くぞ!」と思って書く人はいませんよね。

なのに文章がくどかったり、余計なスパイスを付け加えて話が脱線したりする。

なぜか? 私は主に 2つの理由 があると考えます。

 

①:書き手の不安

②:読者ファースト

 

ひとつ目が「書き手の不安」です。

自分の主張にイマイチ自信がない書き手は、自分の文章を濃い情報であると思わせいあまり、「盛る」傾向があります。

書かなくてもいいこと、むしろ書かないほうがいいことを付け加えてしまったりする。

すると訴求軸がブレたり情報の濃度が薄まったりして、かえって伝わりにくくなってしまうのです。

 

ふたつ目は「読者ファースト」です。

 

これだと言葉足らずで不親切かも……

これだと理由が弱くて、説得力に欠けるかも……

 

「読者に有益な情報を届けたい」という意識はもちろん持つべきです。

でも完璧に説明しようとすればするほど文章は冗長になり、“黒い文章” になっていきます。

黒い文章とは、漢字やひらがな、カタカナのバランス比率が悪い文章のこと。説明のための文章が長くなると漢字の比率も高くなりがちで、ビジュアル的に黒くなるからです。

するとパッと見での読みにくさから、「わかりにくい」につながりやすくなります。

   

【結論】ぜい肉だらけの文章をダイエットするには

 

 

結論からいうと「削れるところは思い切って削る」です。

たとえば、

読者にとって重要でない(=読者が本当に知りたいことではない)内容は削る

なくても意味が変わらない(=大差がない)内容は削る

ここを見直すだけでも、だいぶスリム化できます。

 

でも情報は多いほうが読み手にも親切なのでは?

 

提供する情報の質にもよりますが、基本的に文章は長くなるほど、内容を理解しにくくなります。

それに、あなた(書き手)が書きたいことが、必ずしも読者が知りたいことだとは限りません。

ここを見誤って存分に書いてしまうと、ただの自己満な文章になります。

 

これを防ぐ方法はシンプル。文章を書き上げたら、一度冷静になって考えてみるのです。

たとえば、

・「この情報は読者が本当に求めているものですか?」

・「もっと短く、シンプルに、身近な言葉で言い換えられませんか?」

と書いた自分自身にインタビューしてみるのです。

 

短い文章で過不足なく伝えられるなら、それに越したことはありません。

「有益な情報だから」といって読者に押し売りするのは、読者ファーストでなかったりするのです。

 

ここからは、某広告代理店の編集者・ライターの私が実践で得た知見から、文章のダイエットに効く「リライトのコツ」について解説していきます。

実践しやすく即効性のある9つに絞ったので、身につくまでの時短にどうぞ。

 

 

【即改善】速攻ダイエットで読みやすくするリライトのコツ9選

 

 

① 余計な前置きは削る

 

「そんなのもう知ってるよ」「わざわざ言わなくていい」的な前置きから始まる文章って、読み手からすれば退屈です。

それと前置きを長くしているのは「書き手の都合」であることが多いです。あったほうが書きやすいからですね。

 

でも前置きがないと、唐突な印象にならない?

 

脈略がなさ過ぎるなら問題ですが、

・「その前置きは誰のためにあるのか?

・「記事の冒頭で伝えなければいけないほど優先度は高いのか?」

を見直してみると「なくてもいい」となることがほとんどです。

 

Webの文章でも書籍の文章でも、読み手の興味を引き出せるかは、記事の導入部にかかっています。

カナダのカールトン大学の研究によると、ユーザーが訪問したWebサイトの第一印象を決めるのにかかる時間は、0,05秒だそう。ほぼ一瞬です。

そうなると優先度が低く、退屈な情報から始まるというのは相当リスキー。さっさと本題に入ってしまったほうがスッキリするし、骨格のある導入になるでしょう。

読者は忙しいので、話が早いほうが助かるのです。だから余計な前置きなら削る。離脱防止としても有効な施策なのです。

  

② なくてもいい接続詞は削る

 

接続詞は前後の文をつなぐ導線の役割を果たします。

しかし けれども よって また そして なぜなら だから すると なので

このあたりはよく使いますよね。

 

でも接続詞って、前後の文章がスムーズに収まってさえいれば、「なくてもいい」ことがほとんどです。

あまり意識せずに、なんとなく「また」とか「なので」を入れてしまう書きグセがあるなら、その接続詞が本当に必要か、疑うクセをつけるといいでしょう。

文章の流れの悪さを強引につなげようとして、接続詞に頼りすぎている場合もあります。

その接続詞を削ったほうがいいのか、残したほうがいいのかで迷ったら、いったん全部削ってみてください。ないと前後のつながりが悪くなるようなら、残せばいいのです。

 

③「という」は削る

 

使いがちな「という」は、削って問題ない場合が多いです。

たとえば、以下のような場合です。

 

浅草橋に新規オープンしたというカフェ「ルカブルー」のキリマンジャロが絶品ということなので、さっそく足を運んでみた。

浅草橋に新規オープンしたカフェ「ルカブルー」のキリマンジャロが絶品と聞き、さっそく足を運んでみた。

同期の山本くんが支店長に昇格するという話をきいた。そこでサプライズも兼ねて、同期会をやるということになった。

同期の山本くんが支店長に昇格するらしい。そこでサプライズも兼ねて、同期会をやることになった。

 

上記の「という」にはあまり意味がなく、冗長さにつながっています。

文脈によってはあったほうがいいのですが、書き上げたあとで「という」を見つけたらいったん削って、ないと不自然なら残すでいいかと。

 

④ 修飾語(強調系)はなくてもだいたい通じる

 

修飾語もなくても問題ない場合が多いです。削れそうなら積極的に削りましょう。

個人的にそこまで意味がないと思う修飾語の2トップが、「本当に」と「すごく」です。

たとえば、以下のような文章です。

 

A:新機種が思っていた以上に使いやすくて本当に感動しました。

B:このツールを導入したことで、人件費をすごく削減できました。

 

どちらも強調の度合いをより強めたいのでしょうが、印象がややくどくなり、書き手の「盛り」も感じます。

また、ビジネスシーンで「本当に」「すごく」を多用すると、相手に幼稚な印象を与える場合があります。

Bでいえば、「前年と比べて10%」などと比較対象を入れたほうが説得力も出るでしょう。

このように、くどさや「盛り」を感じる修飾語は削ったほうがスッキリしますし、なくても意味合い的に変わらないことが多いのです。

 

⑤「思う」「思います」は削る

 

そもそも「思っている」から書いているわけなので、「思う」「思います」とわざわざ書かずとも足る場合が多いです。

この「思う」の使い方について、言語学者の黒田龍之助さんが、自著『大学生からの文章表現 無難で退屈な日本語から卒業する (ちくま新書)』で非常にわかりやすい分析をされていました。

 

「思う」はとても便利である。深く考えずに書き始めた文章が、とりあえず無難に終わる。なんとなくカッコがつくような気がする。さらに「思う」は相手の批判をかわす。どんな主張であろうとも、「これは私が『思って』いることなんだから、他人にとやかくいわれる筋合いはない」と開き直れる。何を「思おう」が個人の勝手なのだ。ということで、「思う」は大人気である。ひょっとしたら「思う」はか弱き者たちの「抵抗の砦」なのかもしれない。

出典:黒田龍之助『大学生からの文章表現 無難で退屈な日本語から卒業する (ちくま新書) 』

 

断定を避けて、謙虚な伝え方をするのに便利な「思う」は、まさに「抵抗の砦」。でも多用すると、書き手の自信のなさや責任逃れといったネガティブな印象に映りかねません。

無意識に「思う」と書いてしまうクセがあるなら、積極的に削っていきましょう。

見た目がスッキリするだけでなく、書き手の覚悟も伝わって文章に勢いが出ますよ。

 

⑥ 「〜することができる」は短縮する

 

「〜することができる」はだいたい短縮できます。

 

私の長所は、最後まであきらめずに努力することができることです。

私の長所は、最後まであきらめずに努力できることです。

これを使えば、あなたも一週間で稼ぐことができます。

これを使えば、あなたも一週間で稼げます。

 

意味そのものはほとんど変わらず、見た目スッキリ。

もちろん、「〜することができる」は文法的に間違っている表現とかじゃないです。「〜できる」より「〜することができる」のほうがしっくり来る場面もあるので、ケースバイケースです。

ただし、ニュアンス的に翻訳文っぽくなるというか、まわりくどい印象になる場合があります。

音読してみて違和感があるようなら、「〜できる」で短縮するといいかと。

 

⑦ 断定を避けると冗長な文章になる

 

Webの文章に限らず、日常会話においても、「推量・伝聞表現」ってよく使いますよね。

でも、「〜らしいですよ」「〜だと言われていますよね」「〜というのが一般的です」「〜なんだとか」を連発されると、「それホント?」って感じで疑わしく見えてきます。

読む側からすれば、「〜なのです」「〜だと判明しています」のように言い切ってくれたほうが響くし、信頼できそうだと思えますよね。

 

もちろんソースがなくて言い切れない場合はありますが、断定を避けた文章は歯切れが悪く、くどくどとした説明が長くなりがちです。

また、他人の記事やテレビの情報そのままの受け入りなどでリサーチが絶対的に不足している人の文章は、容易に推量・伝聞の書き方へと流れていきます。

リサーチがしっかりと行われていれば根拠(証拠)となる情報が手に入り、自信を持って言い切れる「覚悟」も生まれます。

するとおのずと文章は短く、シンプルになっていく。余計なぜい肉が付着しないのです。

 

⑧ 本筋から脱線した内容は削る

 

・参考までにお伝えしておきたいことがあるのですが、

・こちらは余談で、今回の内容とは少し離れてしまうのですが、

・ちなみにこんな解釈もあるので、一意見として伝えておきたいのですが、

 

こんな感じのフックを入れて、本筋から脱線した内容へつなげる展開ってよくありますよね。

その補足が「読み手の知りたい情報」なら、多少脱線しても問題はありません。

しかし、「書き手が書きたいだけの情報」は、読み手にとって「なくてもいい」の可能性が高いです。

 

本記事の冒頭で「メタボな文章」にだいたい共通していることに、以下の3点を挙げました。

✔ 前置きが長い

✔ 余計な内容まで伝えすぎている

✔ なくてもいい言葉が多い

 

本筋からズレた内容を組み込もうとすると、この3つに当てはまりやすくなるのです。

「これ、脱線させてまで伝えることじゃないかも……」とわずかでも思う場合、文章をひと晩寝かせて、翌日の冴えた頭で読み直してから判断しましょう。

冷静に見返してみると、「ないほうがいい」と感じる箇所がいくつも見つかると思います。

「なくてもいい」はムダに文章を太らせるばかりか、要らぬ誤解や不信感を与える場合もあるので注意ですよ。

   

⑨ 言い訳言葉は、書き手の保身に映りイラッとさせる

 

「言い訳言葉」とは、こんな入り方です。

・あくまで一個人の意見であることを強調したうえでお話しますが、

・もちろん、私と異なる意見をお持ちの方もいらっしゃる前提でお話しますが、

 

丁寧で謙虚な切り出し方なのに、なんかイラッときませんか?

不特定多数に向けて、何かを主張するのは覚悟が要ることですし、こうしたクッションを挟んでから切り出しくなる気持ちもよくわかります。

しかし、悪目立ちした言い訳言葉は、書き手の主張に「逃げ道」を用意した印象に映り、保身と見なされる場合があるのです。

 

えっ! そんなつもりで入れてないんだけど……

 

でも、読み手には「それっぽく見える」ものです。

内容としては有益であっても、言い訳言葉が悪目立ちすると読み手をイラっとさせ、逆効果にもなりかねないので注意しましょう。

1クッション入れてから切り出すのは有効なテクニックですが、そもそも言い訳しないと書けない場合、リサーチ不足を疑ってみるといいかもです。

書き手が自信を持って語れるだけの根拠(証拠)がなく覚悟が足りていないから、つい言い訳言葉を使ってしまうのかもしれませんよ。

 

  

ぜい肉の多い文章を速攻ダイエットさせる「リライトのコツ9選」のおさらいです。

 

 

これらを意識するだけでも、だいぶムダが多いことに気づけ、スリム化できるるはず。即実践して実感してみてくださいね。

ご精読ありがとうございました!

 

 

こちらの記事も何気に読まれています!

 

 

ABOUT US
HiraQ編集者/WEBライター/WEBデザイナー
都内の某広告代理店に勤務。Web広告の編集やライティング、デザインに従事。ブログでは主に、Webライターやブロガー、Webデザイナーに役立つ記事をゆるく発信してます。出身は山梨、いて座のO型、猫派。サッカー好きのPSGサポです。