「上から目線」と思われない文章を書くための10のポイント【奉仕の精神を忘るべからず】

 

某広告代理店で編集者兼ライターをしているHiraQです。

文章って難しい……つくづくそう思います。

 

ブログや企業案件などの記事を公開後、時間をおいて読み返してみると、、、


「なんか上から目線でエラそう」

「なんか説教くさい」

「なんかイヤな感じ」

 

と感じる要素があちこちにあって凹んだりします。

担当営業やクライアントにフィードバックされることもあります。もちろん、上から目線で書いていたつもりはないのですが……。

 

 

戦略的にキツめの語り口にしてるとか、ニーズがあるなら問題ないでしょうが、多くの人は「上から目線で書いていたつもりはない」と思います。

なのに、「エラそう」「説教くさい」「イヤな感じ」と思われるのは悲しいですよね。

 

 

とはいえ、何かしらイラッ、ムッとさせる要素があるから、「なんかイヤな感じ」なわけなので、その事実は見過ごせません。

   

✔ 自分でも気づかないうちに「上から目線」になっている

✔ 「エラそう」「説教くさい」などとフィードバックされることがある

なら対策は必要です。

そこで今回は、無意識に「上から目線」の文章を書いてしまうのを防ぐための「10のポイント」について解説します。

 

「上から目線」と思われない文章を書くための10のポイント

 

 

①:アドバイスには「上から目線」のニュアンスが含まれる

 

 

ブログなどの記事では、最初に読み手の疑問・悩みなどの課題を提起し、その原因を特定したのちに具体的な解決策を返す、といった流れが多いですよね。

その展開上、書き手は自分の知見・経験則をもとにアドバイスする形が一般的ですが、教える側に立つ時点で少なからず、「上から目線」のニュアンスが出るのは避けられません。

その自覚を持ち、慎重に言葉・表現を選ぶ意識が大切ですが、上からな物言いでも、読み手に不快とは思われない場合があります。どういう場合かというと、「この書き手は、私(読み手)よりも専門的知識があり、経験や実績も豊富だ」と認識したときです。

要するに、「先生と生徒」「師匠と弟子」のような、教える側/教えられる側の立場が明確だと、「言い方キツいな」と感じることはあっても、「不快だわ」にはなりにくいのです。

 

書き手の専門性(信頼性)を示すうえでわかりやすいのは、プロフィール(職業や実績、肩書きなど)の提示です。それもなるべく、記事の冒頭で伝えるのがいいですね。

肩書きや実績はあるとベターですが、なくても大丈夫です。大事なのは、書き手(あなた)がその内容・分野を語るに足るだけの知見を備えていると、読み手に印象づけることなので。

記事の冒頭で、「専門性を持つ人か書いているなら信用できそう」と認識してもらえれば、聞く耳を持ってもらえるので、続きを読み進めてもらいやすくなります。

 

②:否定意見は「相手を一度受け入れてから」がスムーズ

 

 

記事の執筆に限らずコミュニケーション全般で言える話ですが、自分の主張を述べる際、まず相手の意見を否定し、マウントを取ろうする人っていますよね。

なにかを否定する意見には、「上から目線」のニュアンスが入りやすいもの。その意見が的確であっても、自分の意見を否定されて気分が良い人はあまりいません。

「言っていることは正しいかもしれないけど、コイツに従うのはシャクだな……」と反感を買うい、賛同を得にくくなります。

私は自分の主張が他者の意見を否定する内容で、「上から目線」のニュアンスを含む場合、「いったん相手を受け入れてから否定する」のスタンスにしています。

たとえば以下のような感じ。

 

なるほど、鈴木さんは△△△とお考えなのですね。仰るとおり、私もその点は非常に重要だと思います。

ただ、□□□もアリかな〜と思ってまして、ぜひ鈴木さんにも聞いていただきたいのですが・・・

 

結果的に相手を否定する意見ではあるのですが、「いきなり否定する」のと「一度受け入れてから否定する」とでは印象が全く違ってくるものです。

一度受け入れることにより相手への理解・尊重を示すことができ、「そうそう、実はこういうのもありまして……」と、(相手を否定するような)言いにくいような意見でも差し出しやすい雰囲気をつくれます。

否定よりも提案のニュアンスに近くなるため、「上から目線で意見されてる」という印象にはなりにくいのです。

 

③:「あなたのせいではない」と正当化する

 

 

「上から目線」の印象を薄めるうえで有効な手法が、相手を「正当化」することです。

たとえば、勉強を頑張ってるのに英語の成績が上がらない人をターゲットに、画期的な学習方法を紹介する記事を書くとしましょう。

仮に成績が上がらない原因を、「あなたの努力不足だから」と定義した場合、大半は「それは否定できないけど……」と思いつつもイラッとして離脱します。

ここでのターゲットは、「サボっているから成績が上がらない人」ではなく、「頑張っているのに成績が上がらない人」です。

この場合、努力している点はきちんと評価し、「成果が出ないのはあなたのせいではなく、別に原因(=悪者)があるためだ」と正当化する展開が有効です。

たとえば以下のような感じ。

 

「努力が足りないんだ」と自分を責めないでください。あなたは本当に頑張っていると思います。ただ、「やり方」がよくなかったのです。

でもあなたが「やり方」を知らないのは無理もない話なのです。というのも学校や予備校の先生であっても、きちんと教えられる知識をもつ人は少ないのです。

その「やり方」を、今からあなたに伝授します。努力家のあなたなら必ずできる方法なので、安心してついて来てくださいね。

 

まずは読み手の努力を否定せず、肯定します。そして成果に結びつかないのは、「正しいやり方」を教えてくれる人が、あなたのまわりにいなかったからで、その機会に恵まれなかったのは不運でしたねといった感じで、「あなたは悪くない」のニュアンスを強調します。

適当な責任転嫁では、読み手を正当化できるほどの納得感を得られないので、入念に分析して「最適な悪者」を設定する必要があります。設定がハマっているほど、読み手の「そうだったのか!」は腑に落ちます。

その流れから、「目標達成のために、努力できるあなたなら大丈夫」と背中を押し、「私にもできるかも!」と前向きな気持ちになってもらえる伝え方を突き詰めていきます。

すると「この書き手は、わたしのことをわかってくれている」と信頼の獲得につながり、連帯感も生まれるので、主張・提案を受け入れやすい雰囲気がつくられるのです。

       

④:書き手の「常識」が、読み手には「非常識」はざらにある

 

 

自分の主張を切り出す際に、「普通は」「常識として」「一般的には」といった前置きの言葉を入れることってよくありますよね。

「みんながそう思っている」の大義名分的なニュアンスを出すのに便利ですが、こうした言葉をよく使う人は、注意が必要かもです。

「自分がそうだから、みんなもそうに違いない」思考はわりと危険です。よくよく考えてみたら根拠がなかったり、自分基準の「常識」を知らず知らずのうちに、相手に押しつけている場合があります。

書き手にとっては「常識」の範囲でも、読み手にとっては「非常識」なんてことはざらにあります。

ときには自分のなかの常識・ルールを疑い、常に客観的な視点で物ごと観察し、慎重に言葉・表現を選ぶ意識を持ちたいものですね。

 

⑤:「クッション言葉」で言葉の衝撃をやわらげる

 

 

わずかな「イヤな感じ」でも積もると、記事への興味が失われていきます。

相手にそのまま伝えてしまうと不快な印象を与えかねない場合、「クッション言葉」とよばれる前置きを添えるのが効果的です。

クッション言葉の、あり・なしで比べてみましょう。 

 

【なし】ご用意できません。

【あり】たいへん心苦しいのですが、ご用意できません。

【なし】ご一報ください。

【あり】お手数をおかけいたしますが、ご一報ください。

【なし】少々お時間をいただけますか?

【あり】差し支えなければ、少々お時間をいただけますか?

 

【なし】でも失礼さはありませんが、【あり】のほうが物腰がやわらかく、相手の意向・気持ちを慮ったニュアンスが感じられると思います。

人は機嫌が良いときほど、心を開きやすいもの。クッション言葉を添えることで言葉の衝撃がやわらぎ、ちょっと言いにくいようなことも言いやすくなる雰囲気をつくれます。いわば「踏み切り台」のような役割ですね。

状況や相手に応じてクッション言葉を添えるひと手間をかけられるで、読み手への敬意・気遣いを感じさせる文章の差になることもあります。

   

⑥:失敗体験や恥ずかしい過去を正直に打ち明ける

 

 

「上から目線」の文章は、読み手に「エラそう」「説教くさい」といった印象を与えがちです。

そうさせないために効果的なのが「自己開示」です。簡単にいうと、書き手の失敗体験や恥ずかしい過去を打ち明けて、読み手に親近感を持たせるという手法です。

たとえば以下な感じ。

そんな私も、実は数え切れないほどの失敗をくり返してきました。恥ずかしながら、〇〇(具体的な失敗内容)したこともあったんですよ。

でもそうした経験があるから、いまあなたが置かれている状況や不安を察することができます。そして何をどう改めていけばいいのかを、具体的にアドバイスすることができます。

 

この書き手の前にかつて立ちはだかっていた壁は、今まさに読み手(あなた)が乗り越えようとしている壁です。

書き手はその壁を乗り越えるための「攻略法」を知ってます。つまり読み手にとって、メンター(お手本)の立ち位置にいる人物です。

そんな先達が、自分の失敗体験や恥ずかしい話を、腹を割ってぶっちゃけてくれたらどうでしょうか。

 

・こんなことまで話してくれるなんて嬉しいな

・この人も私と同じように悩んだり苦しんできたんだな

・この人にできたのなら、私にもできるかもしれない

 

なんて親近感を抱いたり、自信を持てたりするのではないでしょうか。

自分とはかけ離れた人の成功体験の多くは、自慢話に聞こえがちですが、「しくじり系」の話は共感しやすく、自分に重ねやすい点も多いことから親近感がわきやすい。

いい意味で「反面教師」のメッセージは、素直な気持ちで受け止めてもらえるのです。

 

⑦:「ポジションが明確」な人の文章は、「上から目線」とは思われにくい

 

 

これまでに読んだインフルエンサーのブログで、「この人、言い方キツイな」と感じたことがある人をちょっと思い浮かべてみてください。

たとえば、ホリエモン(堀江貴文)さんひろゆき(西村博之)さんイケダハヤトさん西野亮廣さんあたりを連想した方もいらっしゃるかと思います。

彼らの好悪は別としても、その言葉には説得力があり、不思議と重みを感じられるものです。「言い方キツいな」とは感じても、「上から目線」とはあまり思わないのではないでしょうか。

これは、独自のポジションを確立しているがゆえ、言葉に“権威”が宿っているためです。また自分の立ち位置が明確なので、終始自分に優位な間合いで、読み手に主張(ポジショントーク)することができるのです。

そして自分のポジションを確立している人は例外なく、確固たる「ポリシー(理念)」を持っているものです。ポリシーのある書き手の筆には「迷い」を感じません。

一方、ポリシーがぼんやりした人の場合、「これが正解だ!」とか「これを買え!」とか声高々に言われても、「ふーん……」って感じでピンと来ないものです。

 

文章の世界では、「何を書くか」より「誰が言うか」が重要だとよくいわれます。極端な話、私が堀江さんとまったく同じ内容を発信しても、「お前が言うなw」になります。権威性を感じられないからですね。

簡単にいうと、優れた文章であっても書き手に権威性がなければ、「どこぞのうさん臭いブロガーが、上から目線で何かほざいてる」になりやすいってことです。

じゃあ、名もなきライターの文章なんて誰も興味ないのか? そんなことはありません。

先述のとおり、「この書き手(あなた)は、その内容を語るに足るだけの知見を備えている」と印象づけられれば、「そのテーマの語り手」としてのポジションを確立できます。

ネームバリューがなくとも、読み手の信頼を得られる文章は誰にでも書けるのです。

 

⑧:人は「自分で決めた」ことなら納得できる

 

 

ブログ記事(アフィリエイトサイト)の場合、読み手の課題に対する「具体的な解決策」として、何かしらの商品・サービスを結びつけて提案し、購入してもらうのがゴールです。

誰かに勧められて購入する機会は多いですが、人は最終的には「自分の意志で決めた」という実感が欲しいものです。「自分で決めた」のなら、納得して行動できますよね。

他人から「これがオススメです」とプッシュされても、自分自身が良いと思っていないなら、心からの納得感は得られません。

また心理学用語で「コントロールの錯誤」といって、人は他者が選んだものより、「自分の意志で選んだもののほうが価値が高い」と感じる傾向があります。

この心理も踏まえて考えると、商品・サービスの購入など何かしらの決断を相手に促す際、「最終的には自分の意思で決めたこと」と実感してもらう流れをつくるのが効果的です。

 

ちょっとわかりにくかったと思うので、一例を挙げます。あなたはスーツを買いに、洋服店を訪れているとしましょう。店内を物色し、良さげなスーツを発見。すると店員がやって来て、あなたに話しかけてきました。

以下のAとBでは、どちらのほうが「試着してみよう」という気になりますか?

 

【A】

そちらのスーツ、良い商品ですよ。当店でいま一番おすすめです。ぜひ試着してみてください。

【B】

そちらのスーツ、良い商品だと思いませんか? 当店でいま一番おすすめです。よろしければ試着してみませんか?

 

「変わらんやん」と思ったかもですが、けっこう違います。【B】は「問いかけ型」であり、決定権をあなたに委ねている点が違います。

【A】の「良い商品ですよ」は、相手の断定的意見を押しつけられる形になり、わずかながら「上から目線」のニュアンスが含まれます。

一方の【B】では、「良い商品だと思いませんか?」とあなたに問いかけています。この場合、そのスーツが良いかどうかは、あなたが判断することになります。

人は質問されると、その理由や答えを探そうと積極的に関与し始めます。この場合、スーツの風合いや着心地を確かめたりするでしょう。

自分の視覚や触覚を通し、自分の意思や経験則から「これは良い商品だ」と思えれば、相手から言われるよりもずっと、納得感があるものです。

 

また、「ぜひ試着してみてください」は失礼な印象はありませんが、人は他者に何かしらの行動を促される(命令される)と、少なからず強制させられた感を抱きます。

なので、「よろしければ試着してみませんか?」と問いかけ、決定権を委ねたほうが、相手の意向や気持ちを慮ったニュアンスを感じられます。

試着するかどうかはあなたが判断することなので、押しつけがましさがなく、「まぁ、せっかくだし試着していくか」と行動に移しやすくなるでしょう。

こんな感じで購入のキッカケは他人でも、「最終的には自分の意志で決めた」と納得感を持たせ、能動的に行動してもらう流れをつくることが大切です。

 

⑨:「です・ます調」の一辺倒になるのもよくない

 

 

「です・ます調」は敬体(丁寧の意を表す語を使う文体)、「だ・である調」は常体(普通の口語の文体)と表現されます。

ざっくり言うと、前者は丁寧で柔らかい、ソフトな雰囲気の文章に。後者は断定的で硬い、引き締まった雰囲気の文章になります。

その記事に「適した文体」は、ターゲットや掲載媒体、訴求軸などによっても変わりますが、ブログのようなライトな読み物の場合、「です・ます調」が無難です。

「だ・である調」ほど決めつけ・押しつけ感がなく、読み手にやさしく語りかけるような雰囲気になるので失礼さがなく、親しみやすい印象を与えます。

 

とはいえ、「です・ます調」の一辺倒もよくありません。終始丁寧な言葉・表現が続くと文章が堅苦しくなり、どことなく「マニュアルっぽい感じ」も出ます。

すると逆に、「です・ます調」の親しみやすさや丁寧さが、「エラそう」「バカにしてる?」と嫌味っぽく感じられたり、「上から目線」のニュアンスが強くなったりするに場合も。

極端にいうと、友達とおしゃべりをしていて、あなたがずっとフレンドリーに話しかけているのに、友達は終始「です・ます調」で馬鹿丁寧だったら、段々イラッとしてきますよね。

 

あと「です・ます調」は、語尾が変化しにくく文章が単調になりがちなので、なるべくリズムをもたせる意識を持ちたいものです。

たとえば、文末を体言止めにしたり、「〜ですね」「〜ますよ」など語尾をやんわりさせるとかです。

使い所は選びますが、「!」「?」の感嘆符・疑問符以外の、「♪」「★」(笑)(泣)など記号や絵文字、顔文字なども使った感情表現を取り入れてみるのもいいかもです。

   

⑩:「読み手の頭の中にない言葉」はなるべく使わない

 

 

✔ 日常的に使わない、馴染みがない言葉や表現

✔ 聞いたことがない専門用語や、意味がわかりにくい業界用語

✔ 「これ、なんて読むの?」となる難読漢字

 

読み手に馴染みがない言葉・表現が多く出てくる文章は、読み手に「上から目線」の印象を与え、読む意欲を損なう場合があります。

「読み手の頭の中にない言葉」の多用は、「私はこれを知っている。あなたもこれくらい知ってるでしょ?」的な書き手の自意識の高さが垣間見えるからです。

また、書き手はその分野の知識や経験があるゆえ、専門用語や業界用語を自然に使いますが、読み手の大半はそうではありません。そのため、「わかりにくい文章だな」の印象を与えかねません。

 

とはいえ、専門用語や業界用語を使うなって話ではありません。用語を使わなさすぎるのも、それはそれでわかりにくくなります。

あらかじめターゲット(読者層)が絞れていて、読み手の前提知識(専門性)が期待できる場合、むしろ積極的に使ったほうが読み手の理解を助けるでしょう。

それに専門・業界用語をあえて使うことで、読み手に「この書き手は専門性がある」「自分と同じ業界の人だ」といった安心感や親近感にもつながりやすくなります。

基本的には誰が読んでも「???」とならない文章を心がけたいものですが、ケースバイケースで調整する柔軟さをもっておきたいものですね。

 

【さいごに】心のどこかで、「教えてやるんだ、ありがたく思え」とか思っていませんか?

 

 

お疲れさまでした。

気になったポイントはもう一度、振り返ってみてくださいね。

 

 

そもそも忘るべからずなことがあります。

世の中には数十億ものWebサイトがあって、ほかにも本や動画、音声などさまざまな媒体を通じて情報を得ることができますよね。

その中から、あなたのサイトに足を運んでくれて、貴重な時間を割いてまで読もうとしてくれたユーザーに対して、「上から目線」で文章を書くこと自体、失礼すぎるって話です。

もしも心のどこかで、「教えてやるんだ、ありがたく思え」とか思っているとしたら、「コイツ、上から目線だな」と思われて然りではないでしょうか。

 

常に「奉仕の精神」で書いていきたいものですね。

ご精読ありがとうございました!

   

 

ABOUT US
HiraQ編集者/WEBライター/WEBデザイナー
都内の某広告代理店に勤務。Web広告の編集やライティング、デザインに従事。ブログでは主に、Webライターやブロガー、Webデザイナーに役立つ記事をゆるく発信してます。出身は山梨、いて座のO型、猫派。サッカー好きのPSGサポです。